CreativeOutlierOne_sn
    クリエイティブメディアは、Bluetoothイヤホン「Creative Outlier One」を10月中旬から発売します。

    通常価格は3,280円(税抜)だですが、同社HP内のストアで提供されている発売記念クーポンコードを利用することで、10月31日23時59分までは2,760円(税抜)で直販購入可能です。

    Amazonマーケットプレイスにおいても、プロモーションコードを利用した割引の実施を予定しています。

    約15gの超軽量設計ながら長時間再生とIPX4相当の防滴性能を備え、スポーツ時や日常利用にマッチするというBluetoothイヤホン。

    音質面では、“Outlier”シリーズの音響エンジニアリング技術を継承。大手メーカー製のBluetoothイヤホンとしてはかなり安価ながらも、音質にこだわっていることをアピールしています。特別チューニングを施した6mm口径のネオジウムマグネットドライバーを採用。再生周波数特性は20Hz〜20kHz、インピーダンスは16Ω。

    Bluetooth規格はバージョン4.1に準拠。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP。コーデックはSBCのみ対応。内蔵バッテリーで約9.5時間の連続再生が可能。充電時間は約3時間。インライン型のマイク付きリモコンを備え、通話応答や音楽再生などの操作が可能。

    ケーブルはからみにくいフラット型(きしめん型)。

    フィンを備えたイヤーキャップが付属し、スポーツ時でも外れにくいよう配慮。フィンなしタイプのイヤーキャップや、CreativeのAuraSealデザインを採用したシリコン製イヤーピース(S/M/L)も付属。コードクリップ、キャリーポーチ、充電用ケーブル(約30cm)を同梱。

    大手メーカー製にしては安いですが、アマゾンを席捲している同価格帯の中国メーカー製に比べれば、機能面で劣ることは否めません。今時SBCのみ対応は物足りないところ。ブランド名で売るにしてもクリエイティブとなると、一流オーディオメーカーというわけではないので、これもちょっと。

    ブランド名もあるJBLでさえ、同価格帯のBluetoothイヤホンを出して来ています。3千前後のBluetoothイヤホン市場の競争は非常に過酷だと思います。

    1MORE_E1004
    e☆イヤホンは、中国・1MOREブランドから、初のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したハイブリッド型デュアルドライバー採用のLightning接続イヤホン「E1004」を、9月22日より発売します。予約は9月15日に開始で、価格は18,890円(税込)。

    1MOREが独自開発したアクティブノイズキャンセリングを搭載。プロフェッショナルグレードのノイズカット回路は、ローパワーで稼働し外部のノイズの周波数帯域を分析して、逆位相の音波信号を発生させノイズを打ち消すと説明しています。省電力が売りということでしょうか。

    10mmダイナミックとバランスド・アーマチュアのハイブリッド型デュアルドライバーを採用。筐体には耐久性の高いエアーチタン技術を投入し、45度に角度をつけることで快適な装着感を備えたというエルゴノミックデザインを採用します。

    最終チューニングはグラミー賞に携わったサウンドエンジニアのLuca Bignardi(ルカ・ビグナルディ)が行っているというのも売り。

    接続はLightning端子により行い、通話応答や音楽の再生・停止、トラックの変更、ボリュームのコントロールが可能なコントローラー・マイクを内蔵。

    再生周波数帯域は20Hz~20kHzで、入力インピータンスは32 Ω。定格出力は5mW。ケーブル長は約1.25 m、質量は約26.5g。

    見た目がシャオミブランドで売っているハイブリッドイヤホンに似ているような印象です。そちらも1MOREが開発しているわけですが、国内で数千円程度で買えるイヤホンと、イヤホン部は同じくらいということでしょうか。ノイズキャンセリング機能も付いているだけに高くなるのも仕方ないのでしょう。

    DAC内蔵なわけですが、ハイレゾに対応しているのかがよくわかりません。1MOREは音質重視メーカーなだけに気になります。

    TEAC_505-series
    ドイツで開かれているIFA2017において、テイアックはコンパクトなPCオーディオ対応単品コンポの新シリーズ・「Reference505」シリーズを参考出展しました。日本では秋頃の正式発表、年内の発売を目指すとしています。

    シリーズは3機種。「NT-505」はネットワークオーディオプレーヤー、「UD-505」はUSB-DAC搭載ヘッドホンアンプと。そして、外部クロックジェネレーター「CG-10M」です。

    NT-505とUD-505は、ともにDACにAKMの最上位DAC「AK4497」を2基ずつ搭載するなど共通部分が多いです。デュアルモノラルコンストラクションなどの基本構成はこれまでの503シリーズを踏襲しているのも特徴。ただ、503シリーズよりも音質が飛躍的に向上したと謳っているのは期待できます。対応音声フォーマットはDSDが22.5MHz、PCMが768kHz/32bitまで。

    NT-505とUD-505は、どちらもBluetoothに対応。aptX HDやLDACといった高音質コーデックにも対応しています。

    UD-505のヘッドホン端子は、4.4mmのバランス端子×1と、6.3mm端子×2という構成で話題のバランス接続にも対応する一方、NT-503は3.5mmステレオミニ端子×1のみ。

    NT-505はネットワークソリューションも一新。これによりOpenHome対応となったほか、Spotify ConnectやRoon Ready対応、MQA対応、TIDALやQobuzへの対応などが可能となったとしています。

    価格はいずれも10万円台に収まって欲しいところですが、どうでしょうか。

    NT-505にもバランスヘッドホン端子がついていて欲しいですが、そうもいかないのでしょうね。

    このページのトップヘ