final _E2000
    finalブランドはリーズナブルなカナル式ダイナミック型イヤホン「Eシリーズ」2モデルを5月18日に発売。オープン価格で実売予想価格はステンレス筐体の上位機「E3000」が5,480円前後(税込)、アルミ筐体の「E2000」が4,380円前後(税込)。

    Eシリーズは「高音質・シンプルなデザイン・使い勝手の良さ・手が届く価格、の全てを満たすこと」がコンセプト。これを満たすためか、ダイナミック型1発のシンプルな構成。とは言え、価格を超えた品位感を醸し出す金属筐体は美麗で、魅力的に見えます。

    いずれもユニットは6.4mm径のダイナミック型。

    E3000の筐体はステンレス鏡面仕上げで、「迫力のある低音と高い解像度を実現。ホールで聴いているような広いサウンドステージ」と謳っています。見た目の美しさが印象的です。

    一方、E2000はアルミ/ブラックアルマイト仕上げ。「切れの良い中高音と躍動感のあるボーカル。目の前で演奏しているかのような臨場感」を謳います。1000円程度の違いでE3000とどのように違う音を聴かせるのかも面白いところ、

    独自のイヤーピーススウィングフィット機構により装着性を向上させたとしています。ケーブルのタッチノイズを解消するというイヤーフックも同梱。イヤーフック使用時にも柔軟に曲がるオリジナルケーブルを採用。

    感度はE3000が100dB/mW、E2000が102dB/mW、インピーダンスは16Ωで共通。ケーブル長は1.2m。重量はE3000が14g、E2000が12g。

    さすがにリケーブルなどには対応しませんが、価格を考えると妥当なところ。スマホ用マイク付きリモコンなどを装備しないのはたとえばエレコムとは違いますが、方向性が違うので当然でしょう。

    全体にゼロオーディオの同価格帯機を意識したような印象。カナル型というと密閉型というイメージですが、本機では一部開放構造になっていて、音場空間の広さや質感のしなやかさにつなげているようです。その分公共空間での大音量には十分注意しなければならないでしょう。

    価格帯の人気機になるかもしれませんが、量販店で簡単に試聴できるメーカーではないだけにどれだけ大メーカーに食い込めるかでしょう。

    _SL1500_
    クリエイティブメディアは、96kHz/24bitハイレゾ再生に対応した安価で小型のUSBオーディオデバイス「Sound Blaster Play! 3」を4月中旬より発売しました。直販価格は2,180円。

    パソコンと接続して、最高96kHz/24bitのハイレゾ再生が行なえる同社USBオーディオデバイスの最エントリーモデル。外形寸法は138×22×9.4mm、重量は約13gと小型軽量なのも特徴。

    ヘッドホン出力やマイク入力も備えており、ヘッドホンだけでなくヘッドセットも接続できます。24bit/48kHzでのマイク入力も可能。ヘッドホン出力は32~300Ωまで対応するハイインピーダンス対応も価格を考えると驚きです。SBX Pro Studioにより、音楽や映画鑑賞、ゲームなど用途に合わせた音質設定も可能。バーチャルサラウンドなどの設定も行なえます。これもこんな安価なのにお得な内容です。

    対応OSは、Windows Vista/7/8/10とMac OS 10.9以降。

    Sound Blaster Play! 2の後継機。従来は入出力とも16bit/44.1kHzまででしたので、ハイレゾ対応化で大幅にスペックアップ。しかも価格は同じ。大変なハイコスパです。

    24/96に対応したUSB-DACとして最安価クラスでしょう。今やそれこそ3000円クラスで24/96に対応したUSB-DACもいくつもあります。とは言え、それらはよくわからない中国メーカーのガレージ的な製品が中心です。

    本機はそれらとは一線を画した世界的PC周辺機器メーカー製。中国企業ではありますが、いわゆる中華DACメーカーと比較にならないユーザー対応、アフターサービスの良さがメリット。この価格で専用ソフトの恩恵があるのもクリエイティブという全体の大きさがあるがゆえ。

    ただ、気になるのは4月18日現在1件だけアマゾン上にあるユーザーレビュー。Win10での使用でどうしてもノイズが出てしまうというのがありました。個人の環境によるものなのか、気になります。私もクリエイティブのもう少し上のUSBオーディオデバイスを持っていますが、それでは全くノイズはないのですが…。

    DENON_HEOS1
    デノン(DENON)は、ワイヤレスオーディオシステム「HEOS(ヒオス) by Denon」を国内発表し、4製品を3月15日に発売します。

    ネットワークスピーカー「HEOS 3」と、ポータブルスピーカーの「HEOS 1」、「HEOS 1」専用バッテリーパック「HEOS 1 GO PACK」、ワイヤレスプリアンプ「HEOS LINK」で、いずれもオープン価格。

    実売予想価格は、「HEOS 3」が33,000円前後、「HEOS 1」が25,000円前後、「HEOS 1 GO PACK」が1万円前後、「HEOS LINK」が37,000円前後。

    オーディオ再生機能を持つバッテリーパック以外の3機種のネットワークなどの再生機能、性能は同じ。

    無線LAN、有線LANのどちらにも対応し、ストリーミング音楽配信サービス、インターネットラジオも受信・再生可能。対応音楽配信/インターネットラジオサービスは、AWA、Spotify、SoundCloud、TuneIn。

    さらに、USBメモリーやLAN内のNASなどに保存したハイレゾ音楽ファイルの再生も可能。Bluetooth受信やアナログ入力も備えます。セットアップと操作はiOS/Android/Kindle Fire対応の「HEOSアプリ」で行なえます。

    対応オーディオファイル形式は、AAC/MP3が320kbpsまで、WMAは192kbpsまで、FLAC/WAV/Apple Losslessは192kHz/24bitまでサポート。DSDも5.6MHzまで対応。

    HEOS対応機器を複数台、連携して利用する事も可能で、同じ楽曲を再生したり、全スピーカー個別の楽曲を再生させる事も可能。最大36台までのHEOS対応製品が同時に連携できます。

    ここではHEOS 1をご紹介。3機種の中では最も手軽な価格と内容と言えます。とはいえ、最近多い一体型Bluetoothスピーカーとしてはかなり高度な内容と言えるのではないでしょうか。

    ユニットはミッドウーファー、ドーム型ツイーターの2ウェイで、2chのD級アンプを搭載。2台使ってのステレオ再生にも対応します。入力は無線/有線LAN、USB、Bluetooth。アナログはないようです。

    専用バッテリーパックを追加することにより、ポータブルBluetoothスピーカーとしても使えます。約6時間の音楽再生ができます。外形寸法と重量は、本体のみで129×128×189mm(幅×奥行き×高さ)、GoPak取り付け時の外寸は129×134×214mm(同)で、1.7kg。

    デノンでは本機をポータブルネットワークスピーカーと呼んでいますが、これではライトユーザー層にアピールできないのではないでしょうか?高級で高音質なBluetoothスピーカーとして打ち出すべきではないでしょうか?



    このページのトップヘ