過去に発売されていたオーディオ製品、特に中古市場で人気の機種を紹介。マッキントッシュのパワーアンプMC2500。発売1980年 定価は1,180,000円 。

    ステレオで500W+500W、モノラル動作1000W発生できる半導体式パワーアンプ。

    例によって出力とトランスを持つので、インピーダンスに関わらずリニアな出力。つまり、低インピーダンスに強いわけです。さらに、お馴染みのパワーガードシステムを搭載。急な大出力でスピーカーを傷めることもありません。この機種から採用された技術でした。

    ブルーアイズのパワーメーターもちろん装備。取っ手があるのはプロ機っぽいですが、好みは分かれそう。ブルーアイズメーターはしっかり装備。

    本機は大出力の割に保護回路がしっかりしているので、中古でも壊れにくいと言われます。数も多く、価格も安定しているので、中古で買いたい本格的なマッキントッシュのパワーアンプの代表とも言われます。

    入力はRCAのみ。左右独立入力レベル調整機能搭載。ヘッドホン端子もあるので、いろいろ便利に使えますよ。最新のUSB-DAC(プリ機能があると良いですね)との組み合わせなども面白そうです。


    REVOWireless
    発売済みのオーディオ製品をご紹介。REVO WirelessはJabraによるBluetoothヘッドホン。2013年に発売されました。

    このヘッドホンで特筆できるのは、5.1ch以上のサラウンドをサポートするオーディオコーデック「Dolby Digital Plus」に対応していること。PC、スマホにアプリを導入することにより、Bluetooth接続でのヘッドホンサラウンドが楽しめます。

    他にも本体素材には、高級スポーツ用サングラスにも用いられる「Grilamid TR90」を採用。ヘッドバンドは10000回の屈曲テストや3500回の折り曲げテストに、ボディは2mからの落下テストに耐える設計。大変なタフさも売り。

    対応プロファイルはAVRCP/HSP。コーデックはSBC。もちろん、スマホ対応のリモコン、マイク機能も装備します。

    「Revolution」(革命、回転など)の短縮形を製品名に用いているとのことですが、「Dolby Digital Plus」対応はまさにそう言っていいほどのもの。

    「Dolby Digital Plus」に対応するBluetoothヘッドホンを私は本機のほかに知りません。そういう意味では唯一無二ですし、意欲的な製品だったと思います。

    しかし、2017年の現在に至るまで、「Dolby Digital Plus」に対応するBluetoothヘッドホンが他に無い以上、このコーデックは普及しなかったと判断せざるを得ません。Bluetoothでのヘッドホンサラウンドはそれほどまでに需要が無かったということでしょうか。

    所有している人の評判はかなり良いです。「Dolby Digital Plus」の効果もかなり高いようです。意外にもSBCのみでも音質も悪くないという評判。

    それでもできればAAC、aptXにも対応した新版が欲しいところですが、期待できないでしょうか。

    HD280pro2
    ゼンハイザーは、密閉型オーバーイヤーヘッドホン「HD280 PRO MKII」を2月16日より発売します。12,500円前後での実売が予想されます。

    折りたたみ可能な回転式イヤーピースを採用した、ダイナミック・密閉型のモニタリング用途向けヘッドホン。環境騒音の遮音レベルが高く、DJや騒音の大きい野外での使用に向いているとしています。

    周波数特性は8Hz~25kHz、音圧レベルは102dB。インピーダンスは64Ωで、ケーブルは片出しカールコード、ケーブル長は1.0~3.0m。端子はストレート型3.5mmステレオミニプラグで、6.3mm変換アダプタが付属。質量はケーブル含め約382g。

    人気ブランドの新製品ですが、あまり話題になっていないようです。

    想定使用シチュエーションがDTMでも、リスニングでもないのも影響しているのでしょう。ヘッドホンブームですが、従来からあるDJ用途向け的な遮音性が高く、本体は大きく重め、カールコード、みたいなタイプはあまり注目されないようです。

    もっともゼンハイザーはブームとかに関係なく、幅広い用途向けにプロも意識した製品を淡々と送り続ける義務?(プライド)があるでしょうから、流行り廃りに関係なく、新製品は送り込んでくるのでしょう。聴いてみた人が、意外にリスニング用にも良かった、などとなると面白いと思いますが。

    と思って型番をよく見るとマークⅡ。つまりHD280 PROの後継機なわけですね。HD280 PROも以前からあるロングセラーで内容はほとんど同じみたいです。

    HD280 PROの価格コムのレビューを見ると、モニター系の素直な音質でコスパも高いとあります。実売価格もほとんど同じです。

    とすると、本機も基本性能の高い好機種として十分期待できるようです。

    このページのトップヘ