A&futura_SE100
    韓国IRIVER(アイリバー)は、Astell&KernブランドのDAP新製品2機種を発表しました。A&futura SE100とA&norma SR15の二つ。それぞれ本国では5月~6月に発売予定で、 価格はSE100が1,699ドル、SR15が699ドルの予定。日本国内発売日と価格はまだ未発表です。

    それぞれAstell&Kernプレーヤーの新プロダクトライン「A&futura(エーアンドフューチュラ)」「A&norma(エーアンドノーマ)」のモデル。

    すでにある「A&Ultima」をフラグシップラインとし、A&futuraはその次のプレミアムライン、A&normaはスタンダードラインと位置づけ、今後は3つのプロダクトラインとして展開していく予定としています。

    A&futura SE100は、筐体はアルミニウム合金製。背面にはガラスプレートを配置。オクタコアのCPUや、5型のタッチディスプレイ、128GBのストレージメモリも搭載。高速充電に対応し、約10時間の音楽再生が可能。

    ESSテクノロジー製の高性能DAC「ES9038PRO」を採用。PCMは384kHz/32bitまで、DSDは11.2MHzまでのネイティブ再生が可能。もちろん、イヤホンのバランス出力も可能。

    A&norma SR15は、堅牢なアルミニウム合金筐体を採用。DACにシーラスロジックの「CS43198」をデュアルで搭載。クアッドコアのCPUも搭載し、PCMは192kHz/24bit、DSDは2.8MHzまでのネイティブ再生が可能。

    まだ、国内ニュースサイトでは以上のような大まかな内容までしか出ていないのでこの程度の紹介に留まりますが、アイリバーが関わった最新のエントリーDAP・ ACTIVO CT10でもネットワークプレーヤー機能はじめ、MQA再生対応、ストリーミング対応、aptX HD対応など豊富な機能を持つので、この2機種も当然あるとは思います。

    内容の詳細がわからなくても印象的なのはA&norma SR15の外観デザイン。なんと画面が傾いています。大胆なことは間違いありませんが、これで敬遠してしまう人も出そうですが、逆にこれが良くて買う人のほうが多いと踏んだのでしょう。

    A&norma_SR15


    【A&norma SR15 傾きが斬新!】の続きを読む


    アユートは、ハイレゾ音楽配信サイトのgroovers Japan(グルーヴァーズジャパン)が設立したオーディオブランド・ACTIVO(アクティヴォ)の第1弾製品であるポータブルオーディオプレーヤー(DAP)「CT10」を4月27日に発売しました。直販価格は39,980円(税込)。

    ハイレゾ対応DAPの手頃なエントリー機として幅広いユーザー層を狙った戦略機。ブランド第一弾とは言え、実績と実力のあるiriverのAstell&Kernが開発を支援しているので、音質、使い勝手面でもいきなり期待できる注目機。

    Astell&Kern製のモジュール「TERATON」を採用しているというのも大きな特徴。DACやクロックジェネレーター、ヘッドホンアンプなどオーディオプレーヤーの主要機能を一体型のモジュールにしたもの。音質を犠牲にせず、製品の小型化を実現できるとしています。

    外形寸法は93.2×65.2×15.5mm(縦×横×厚さ)。重量は約112g。480×854ドットの静電容量式タッチパネルディスプレイを備えます。

    内蔵ストレージメモリは16GB。microSDカードスロットも1基備え、最大400GBのカードが利用可能。DACはシーラス・ロジック製の「CS4398」を1基搭載。PCMは192kHz/24bitまで、DSDは11.2MHzまでのPCM変換での再生が可能。MQA対応も特筆もの。

    イヤホン出力は3.5mmのステレオミニで、バランス出力は備えていません。出力は8Ωで22mW、16Ωで36mW。SN比は115dB。10バンドイコライザーを備え、ユーザー設定できるほか、5種類のプリセットイコライザーも用意。

    IEEE 802.11b/g/nの2.4GHz無線LANを搭載。DLNA機能にも対応。無線LANを使い、「groovers Japan」アプリから直接ハイレゾ音源を購入・ダウンロードできます。また、TIDALにも対応。

    Bluetooth 4.1にも対応。aptX aptX HDにも対応します。USBオーディオデジタル出力も可能。DSDもDoP伝送で再生可能。

    全体にイヤホンのバランス端子は備えないながらも、エントリー機とは思えない機能性。むしろ、エントリーユーザーはそこまで使わないのでは、というくらい。

    バランス端子がない分、やや分が悪いかなと思いきや、試聴イベントや試聴機の音質インプレッションはいずれも相対的にかなり好評で、発売後から売れ行きも相当いいようです。そして、実際に買った人たちの感想も良好なものばかり。Astell&Kern製のモジュール「TERATON」が効いているのでしょうか。

    この分だと「TERATON」を使ったバランス接続対応の上位機がこれより少し上くらいの価格で出ると、かなりこだわりのあるユーザーもカバーできる好機種ができそうな気もします。

    また、ストリーミング、MQAへの対応というのは今後のDAPの重要課題ですが、そこも積極的なのもポイントです。ACTIVOには注目です。


    【ACTIVO CT10 ユーザーの感想もご紹介!】の続きを読む



    S'NEXTは、新ブランド「hearable LAB」の完全ワイヤレスイヤホン「flapFit FF-TW10」を5月17日に発売します。オープン価格で実売予想価格は12,800円前後(税込)。

    hearable LABは、ソニーで世界初のノイズキャンセリングイヤホンを開発した保坂明彦氏と、パナソニックでDVD-Rメディア、サムスン電子でUltra HD Blu-rayフォーマットや大容量メディア開発に携わった田坂修一氏が立ち上げたという新オーディオブランド。かなりすごいタッグのようで、新ブランドと言えどもいきなり期待してしまいます。

    本機・flapFitがその記念すべきブランド第1号機です。それが完全ワイヤレスイヤホンというのもまさに今の時代を示しています。

    flapFitは「途切れにくいワイヤレス」、「バッテリー持続7時間以上」、「快適で安心感のある装着感」、「防滴性も兼ね備えた、衝撃に強いタフな筐体」、「防滴性と高音質の両立」と、これまでの完全ワイヤレスイヤホンがいずれも課題として抱えている問題をすべて一度に改善することになる大いなる意欲作。

    これらを独自技術と工夫を実現しているのが大きな売りです。

    ドライバーは13mm径のダイナミック型で、インピーダンスは16Ω。Bluetooth Ver.4.2に対応し、プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFPに対応。コーデックはSBC、AACをサポート。

    もっとも重要であるはずの音質については、販売元にもなるS'NEXTのおなじみfinalブランドが携わってチューニングするというのですから、一層期待できそうです。

    まずは「バッテリー持続7時間以上」のハイスペックによって、一気に注目されました。ただ、そのロングバッテリーゆえか、本体が大きいというか、独特のデザインになってはいます。人によっては耳からUSBメモリを下げているよう、もっとひどいと耳から酢昆布を下げているようだと揶揄する人さえいます。それを言えば現在発売されている有名大手製にも耳うどんやらカナブンやらエリンギやらといったあだ名が付いていますが。

    付属の充電用USBケーブルを使って左右同時に充電可能(充電時間は2時間)という形態も変わっていて、しかも最近の完全ワイヤレスイヤホンでは標準装備とも思える収納機能付き充電ケースを付属しません。

    気になる点もありますが、期待株なのは間違いありません。そして、このほど行われた「春のヘッドフォン祭り2018」にも堂々出品。試聴も行いました。結構な数の感想がネット上に上がっています。

    ここではツイッター分から一部をご紹介します。2chにはもっとあるのですが、この機種に関してはツイッター分が少ないですね。発売後にももう一度チェックしたいと思います。
    【hearable LAB flapFit 試聴感想もご紹介。】の続きを読む

    このページのトップヘ