エソテリック(株)は、USB-DAC内蔵SACDプレーヤー「K-05X」と「K-07X」ブラックモデル「K-05X B」と「K-07X B」を各50台限定で7月31日より発売します。価格は通常モデルのシルバーと同じで、「K-05X B」が580,000円、「K-07X B」が430,000円(税抜)。本体色以外の仕様は変わっていません。

    両機種ともUSB-DACは11.2MHz DSDの再生にも対応。DSDはASIO2.1およびDoPによる再生が可能。K-05XとK-07Xの違いは搭載するドライブメカが異なる点で、それ以外の仕様は基本的に共通。アナログ出力はXLR端子、RCA端子を1系統ずつ搭載。デジタル入力はUSBに加えて光/同軸デジタルを各1系統、デジタル出力も光/同軸デジタルを各1系統搭載。

    DACは、旭化成の32bit DAC「AK4490」を搭載。左右チャンネルごとに差動4回路/8出力のパラレル/ディファレンシャル構成を採用。DAC部とアナログ出力回路はデュアル・モノ構成をとっており、デジタル信号処理回路から左右対象に配置。優れたチャンネル・セパレーションを狙っています。

    34bit PCM信号をアナログ信号へ変換する「34bit D/Aプロセッシング・アルゴリズム」を採用。クロック回路には、両モデル共にVCXO(電圧制御型水晶発振器)を採用。特にK-05Xについては、水晶振動子メーカー大手と共同開発した大型のカスタムVCXOを搭載、±0.5ppmの精度と位相雑音の低減を実現。

    K-05Xはディスク回転時の面振れを補正して読み取り精度を高めるエソテリックの看板技術、オリジナル・SACDドライブメカ“VRDS-NEO”「VMK-5」を搭載。

    K-07Xは独自ドライブメカ「VOSP」を搭載。メカはVRDSの下位となりますが、Grandiosoをはじめとする上位モデルと同一の軸摺動型ピックアップを採用するなど要所を押さえたつくり。レンズ移動にレーザーの光軸を垂直方向に維持させることで、高精度な信号読み取りを実現。メカニズムのハウジング部には8mm厚スチールによる大口径スタビライザーを装着し、メカニズムの剛性を高め、ディスクの高速回転による振動を排除。VRDSなしの弱さをカバー?

    K-05Xはカスタム仕様の大型トロイダル・トランスを採用。K-07Xについてはカスタムされた大型EIコア・トランスを採用。

    色が変わったくらいで音が変わるわけはないのですが、色が変わると音も変わるという意見も昔からあり(長岡鉄男など)、通常モデルとは音が違うのかもしれません。

    LUXMAN_D-05u
    ラックスマンはUSB-DAC内蔵SACDプレーヤー「D-05u」を7月下旬より発売します。価格は350,000円(税抜)。対応ディスクはステレオSACDとCD。

    2009年に発売されたSACDプレーヤー「D-05」の後継モデル。上級機の「D-08u」、「D-06u」と同様にUSB-DACを内蔵。USB入力はPCM 192kHz/32bit、DSD 5.6MHzに対応。

    ドライブメカには高剛性を実現したオリジナルドライブ「LxDTM」(Luxman original Disc Transport Mechanism)を引き続き搭載。ラックスマン独自の高剛性ディスクドライブ・メカニズム「LxDTM」は、トラバースを格納するベース筐体全体を金属製ブロックで剛体化した強固な構造のドライブ・メカ ニズムで、メカニズム全体を強固なシャーシで囲うボックス構造をとることで、外来振動も遮断。デジタル信号の高精度な読み取りを実現したというもの。
    また、物量を投入したアナログ回路のための容積の確保や信号経路の最適化、振動対策や重量バランスを検討した結果、一般的なセンターメカ構造を避け、アシンメトリー(非対称)構成のレフトサイド・メカ・レイアウトを採用。

    DACはD-05のバーブラウンTI製DAコンバーター「PCM1792A」から同社初採用となるTI製32bi DAC「PCM1795」に変更。デュアル構成(モノラルモード)で採用。DACを2チップ搭載したフルバランス構成の出力アンプ回路を搭載。発振周波数付近のノイズを低減する高精度・低ジッターの低位相雑音クロックモジュールを搭載。

    USB入力は、最大192kHz/32bitのPCMと、5.6/2.8MHz DSDに対応(ASIO/DoP)。同軸/光デジタル入力については、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応。同軸/デジタル出力も1系統ずつ。D-05も同軸1系統、光1系統のデジタル入力も備え、外部DACとしても使用できましたが、USB-DACは搭載していませんでした。

    PCM用に2種類のデジタル・フィルターを、DSD用に2種類のアナログFIRフィルターを搭載。それぞれ音質を切り替えて楽しむことができます。各入力の低ジッター化にも配慮。USBはアシンクロナス伝送、CDと同軸/光デジタルは内蔵する高精度クロック、SACDは専用のジッターリダクションチップによりそれぞれジッター対策を行っています。

    アナログ回路については、モノラルモードで動作させたD/Aコンバーターの差動出力を、完全バランス構成(同一構成のアンプ×4基)の高音質バッファー回路へ入力することで、次段アンプをローインピーダンスでドライブ。電源部は、大型電源トランス、各回路独立レギュレーターや大容量ブロックコンデンサーによる高慣性(ハイイナーシャ)環境を構築。音質に影響する、サーボをかけ過ぎない極めて安定した高慣性電源を実現。

    筐体には、シャーシ電流によるアースインピーダンスの上昇や発生磁界の影響を隔絶するループレスシャーシと、デジタルノイズを遮断するシールドシャーシによる複合構造を採用。信号の流れや重量バランスを検討した結果、センターメカ構造を避けアシンメトリー(左右非対称)のパーツレイアウトを採用。

    RCA端子は大型プラグのケーブルにも対応する18mmピッチの金メッキ仕上げ、XLR端子にはノイトリック社製高級端子を採用。筐体仕上げはブラスターホワイトで、表示用FLディスプレイを本体右正面に備えます。

    USBオーディオ再生用として、Windows/Mac対応のプレーヤーソフト「LUXMAN Audio Player」を付属。FLAC/ALAC/WAV/AIFFなどのPCMファイル、DSF/DSDIFFのDSDファイルを再生することができます。

    Windows用ドライバーは同社サイトよりダウンロードでき、マックはドライバーなしでDoP再生が可能となっています。

    D-05との大きな違いはやはりUSB-DACの有無。また、TI製DAコンバーター「PCM1792A」から同社初採用となるTI製32bit DAC「PCM1795」に変更したことでしょうか。PCM1795は最近はポータブルも含めた数万円クラスの安価なDACにも搭載されている一方、PCM1792Aは依然として据え置き機のある程度のクラスにしか使われていません。こうしたことから、DACのランクが下がったように思う人もネット上にはいるようです。ただ、PCM1795はDENONの60万円クラスのSACDプレーヤーでも使われていますし、音質的評価も高いので、問題にするほどのことではないのかもしれません。USB入力で最大192kHz/32bitのPCMに対応するためにPCM1795にした、という事情だと思います。そんなソースは一般的でないので、PCM1792Aで対応可能な、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応で良かったかもしれませんが。

    また、上位とは異なり、ハイビット拡張技術や、SACDのPCM変換再生機能はありません。上位機では、CD再生の場合はビット・エクステンダー専用LSIにて16ビット信号を24ビットに拡張したうえで伝送。SACD再生 ではDSDモードと、DSD信号(約2.8MHz)を専用LSIで88.2KHz/24bitの PCM信号に変換してDACに送り込むPCMモードが選択できます。さらにCDとSACDでのPCM再生はDAC内部において352.8KHzサンプリン グで変換処理を施しています。こういう機能はDENONなら10万円以下のSACDプレーヤーやDACでも積んでいるので、LUXもこのクラスにも積んで欲しかったと思います。

    また、微細な歪み成分だけを検出してネガティブ・フィードバックとする独自のODNF回路、高音質出力バッファー仕様も上位に搭載されています。

    このように、LUXMAN D-05uは、機能的には十分豊富ですが、上位との差はしっかりつけられているともいえます。また、PCオーディオ使用を意識するなら、可変アナログ出力やヘッドホン端子もつけても良かったと思います。

    ●対応音源フォーマット:
     USB:DSD 5.6MHz、リニアPCM 192kHz/32ビット
     同軸/光:リニアPCM 192kHz/24ビット
    ●接続端子:アナログ音声出力2系統(XLR、RCA)、デジタル音声入力2系統(同軸、光)、デジタル音声出力2系統(同軸、光)、USB-B端子
    ●消費電力:24W●寸法/質量:W440×H133×D410mm/14.8kg
    :LUXMAN:CDプレーヤー:SACDプレーヤー

    ロックバンド「BUCK-TICK」の1987年メジャーデビューアルバム「SEXUAL×××××!」から、直近作品「或いはアナーキー」まで、計12タイトルのハイレゾ配信が6月26日に開始されました。e-onkyo music、mora、VICTOR STUDIO HD-Music.の各サイトで配信。

    さらに、1997年~2010年に発売されたユニバーサルミュージック、アリオラジャパン時代のアルバム計8タイトルも、7月29日よりハイレゾ配信が決定。これにより、2月に配信開始された「惡の華」に続き、BUCK-TICKの全アルバムがハイレゾ配信作品となります。今回のキャンペーンで配信される楽曲数はのべ246曲となり、同時期にハイレゾ配信されるのべ曲数としては国内アーティスト最多だということです。

    メジャーデビュー以来、これまでに在籍したビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、アリオラジャパン、徳間ジャパンコミュニケーションズのレーベル4社の枠を超えた共同キャンペーンとして、「ハイレゾがバクチクする。」をキーワードに展開。

     配信サイトのうち、moraではアルバムのダウンロード購入者全員に、「BUCK-TICKハイレゾキャンペーン記念壁紙」をプレゼント。対象の20作品から1つ以上のアルバムをまとめて購入すると、ダウンロード用のURLが送付される。応募期間は6月26日~8月31日で、詳細はmoraの特集ページで案内しています。

    夢見る宇宙、或いはアナーキーといった最近の作は違うようですが、過去のものについては、e-onkyoでの配信を見ると、K2HDとなっているので、デジタルマスターが16/44.1時代のものをK2HD処理したもののようです。

    そのあたりも含めて、元録音のハイレゾにもこだわる人はよく考えて購入されたほうが良さそうです。

    レーベルの枠を超えてまで行われる今回の配信は、配信元としてはかなり力が入っていることは感じられます。


    このページのトップヘ