2015東京インターナショナルオーディオショウにおいて、CHORDブランドは、フラグシップDAコンバーター「DAVE」を発表し、実機デモも行いました。価格は150万円(税抜)で、12月発売予定。

    DSD 11.2MHzやPCM 768kHz/32bitに対応した、CHORDの新フラグシップDAC。

    製品名のDAVEは「Digital to Analogue Veritas in Extremis」の略で、CHORD が世に送り出したこの究極のDA コンバーターにふさわしい名としてつけたとしています。

    コードお得意のDACチップを用いないFPGAシステムには「Spartan-6 Version LX75」を採用。「Hugo」に搭載した「Spartan-6 XC6SLX9」に対し10倍の規模をもつ超高精度なもの。

    FPGAに実装される、WTA(Watts Transient Aligned) フィルターデザインは164,000タップに向上。これまでのモデルのタップ数はDAC64が1000、QBD76が18,000、Hugoで26,000タップだったですから、これもまた大変な向上ぶり。

    また、17次というノイズシェイパーも新設計。なんと、このセクションだけで歴代のFPGAを埋め尽くしてしまうほどの規模を持っているそうです。

    出力段についても、Hugoでは8エレメントだったところ、20素子によるパルスアレイDACおよび独自の2次アナログノイズシェーパーを新たに採用。

    USB入力は最大768kHz/32bit PCM、および11.2MHz DSDに対応。ほか入力として、384kHz対応の同軸デジタルを4系統、192kHz対応の光デジタルを2系統、192kHz対応のAESを1系統搭載。

    アナログ出力はXLR端子およびRCA端子を各1系統とステレオ標準ヘッドホン端子を搭載。アナログ出力は可変でプリアンプとしても使えます。また、“768kHzデュアルデータモード”に対応する2系統のultra high speed同軸デジタル出力を搭載。CHORD製品との機器間接続専用のデジタル出力として使います。

    コードのフラグシップDACというよりも、現在のオーディオ用DACの極限の能力を見せ付けるような強烈な数字が並びます。もちろん、これが音に直結しているからこそ、コードのDACは人気があるわけです。

    これだけの高級機ながら、小型でヘッドホン端子もついているのは異例。ヘッドホンマニアは、バランスヘッドホンにも対応して欲しかったかもしれません。

    DACプリアンプのひとつの決定版が出たと言えるのかもしれません。

    英Chord Electronics(コード)のポータブル対応DAC/ヘッドフォンアンプ「Hugo」の輸入代理店が、10月1日に現在のタイムロードからアユートに移行されると発表されました。

    コードは単品オーディオ機器、最近では独自のDA変換システムを搭載したDACの数々で、ピュア・オーディオ界で高い存在感を示してきました。

    とくに、ポータブル対応DAC/ヘッドホンアンプ「Hugo」は、その内容と価格に対するコストパフォーマンスの高さで、据え置きオーディオの愛好家のみならず、ポータブルオーディオ愛好家にも好評で、今やブランドを代表するモデル、それどころか、ポータブルオーディオの高品位DAC/ヘッドホンアンプの代表機とさえ言える機種です。

    それでもコードのメインはホームオーディオ機器です。ですが、「改めてこれからのオーディオ市場の行方を見極めたとき、モバイル機器とホームオーディオ、それぞれが両輪となって発展していくための新たな基盤作りをすべき時機がきたと考えるに至った」ということから、マーケティングと販売ルートをそれぞれの分野に特化し、細分化するニーズに対応するグローバルなチーム作りに着手するというのです。 その一環として、日本国内では10月1日から、モバイル関連製品はアユートが引き継ぐ事になったとしています。

    いまのところ、アユートはHugoのみの取り扱いとアフターサービスを請負います。それ以外のコードのコンポはタイムロードの担当です。

    コードはHugo以外にも、コーデットシリーズという小型のPCオーディオ向け機器をたくさん出すなど、モバイル向け的な小型機があるので、それらもアユートに行くのかと思ったら、Hugoだけというのも何だか不思議です。

    あるいは、今後発売されるコードの小型でモバイル向けの新製品はアユート扱いになるのかもしれません。

    それにしても、アユートと言えば、ご存知のとおり、アイリバーのAKシリーズのDAPの代理店。AKシリーズとHugoを売るというのも何だか不思議。AKシリーズにHugoをセットで使うというのはあまり考えにくいとは思いますが…。

    東和電子は、オラソニックブランドのタマゴ型USBスピーカーの新モデル「TW-S9」を10月下旬に発売すると発表しました。オープン価格で、実売予想価格は23,630円前後(税込)。

    PCスピーカーとして初めて、ハイレゾ再生に対応しているというのが売り。

    平行面がなく定在波が発生しないというタマゴ型のエンクロージャが特徴のアクティブスピーカーを展開してきたオラソニックが、USB入力対応でしかもハイレゾ対応のスペックの機種をついに発売。

    既存モデル「TW-S7」から筐体が約20%大型化。ユニットはスーパーツイータを加えることで、ハイレゾ再生に必要なスペックをクリア。ユニットは、S7と同様の60mm径フルレンジに加え、25mm径のスーパーツイーターを追加。これまではフルレンジならではの定位の良さも魅力でしたが、フルレンジの前にスーパーツイータを設置する同軸配置で点音源を追求することで、その良さをできるだけ保持。

    フルレンジに55mm径、スーパーツイータに20mm径の大型マグネットを採用。スーパーツイータの背面には大型ディフューザーを配置し、音を拡散させ、リスニングエリアを拡大、筐体の背面にはプレッシャーボード付きの70mm径パッシブラジエータを装備。重低音再生を可能にしているなど、従来のオラソニックのノウハウに基づく工夫も盛り込まれています。再生周波数特性はUSB接続時で45Hz~45kHz、アナログ接続時は45Hz~50kHzと大きさを考えると驚異のワイドレンジ。

    USBバスパワーで動作するのは従来どおりで、あらたにUSBデジタル入力で、96kHz/24bitまでのハイレゾ音源が再生できるようになりました。アナログ入力も装備。

    従来モデルと同様に、SCDS(Super Charged Drive System)を搭載。バスパワーとは思えないパワフルな動作のアンプを実現。今回はさらに、S7は瞬間最大10W×2chだったが、S9ではUSB 3.0接続時に12.5W×2chの出力を可能にさらにバージョン・アップ。

    本体の台座部分に電源のON/OFFやボリュームダイヤルを搭載。

    機能、スペック的にはかなり魅力的になったと個人的には思います。マニア的には2ウェイになってしまったことを惜しむかもしれませんが、ハイレゾ対応にするなら、避けることはできない変化です。

    本当ならソニーあたりにも同様スペックの機器を期待したいところですが、元ソニーの人のメーカーであるオラソニックですし、似たようなものなので、良しとしましょう?

    このページのトップヘ