ラックスマンは、DSD対応USB-D/Aコンバーター/ヘッドホンアンプ/プリアンプ「DA-250」を発表しました。11月末発売で、価格は170,000円(税抜)。

「DA-200」の後継モデル。PCオーディオが今ほど活発でない2010年に、USB入力を装備し、プリアンプ機能、ヘッドホンアンプ機能もついた多機能DACとして発売され、PCオーディオ愛好家の定番DACになった機種です。

DA-200はUSB入力で96kHz/24bitまでの対応だったこともあり、よりハイスペックが求められるようになった現在、後継機が待ち望まれていました。192kHz/32bit PCMや5.6MHz DSDの再生に対応するなど、今回、期待どおりのモデルチェンジを果たしたと言えそうです。

それだけでなく、ヘッドホンアンプやプリアンプ機能も強化。プリアンプ部はバランス構成を採用。さらにライン出力とヘッドホン出力には、同社の上位アンプで採用され、実績のある電子制御アッテネーター(ボリューム)である「LECUA」を新たに採用しました。

LECUAはアキュフェーズのAAVAやiFI Audioの機器などでも使われているのと同様の原理の高精度ボリュームで、ギャングエラーやガリ、音量による音色変化のない、それでいて、デジタルでも電子式でもない高精度アナログボリュームで、その効果は絶大と言われています。これまで、ラックスではプリメインアンプや単体プリアンプに搭載していたもので、USB-DACには初搭載です。またLECUA搭載機としては本機は最も安価です。

アナログ出力はXLR×1、RCA×1でいずれにもプリアンプ機能が使えます。以前はRCAのみでした。

ヘッドホンアンプもディスクリート・ドライバー回路を採用して駆動力をアップ。ヘッドホン出力はステレオ標準端子を搭載し、バランス出力には対応していません。

デジタル入力はUSB×1、同軸デジタル×1、光デジタル×2を搭載。デジタル出力も同軸デジタル×1、光デジタル×1を搭載。アナログ入力もRCA端子を1系統搭載。アナログ出力はXLR×1、RCA×1。

さらに、カード型リモコンも付属、これも新搭載。

DACチップについて説明がありませんが、どうやらDA-200と同じバーブラウンPCM1795を2基のようです。

DA-200をベースに改良したモデル、というよりも、USB-DAC機能を持つ最近発売されたSACDプレーヤー・D-05uのDAC/アナログ回路をベースにしたモデルのようです。

DA-200からの価格上昇はそれほどでもないわりにかなり内容は充実していると思います。それもD-05uという既存モデルをベースにしたことによる開発面でのコストメリットがあったのかもしれません。それに、ライバル機も10万円台後半に収まっている機種が多いだけに、20万円を超えるわけにもいかないのでしょう。それにしても、USBのスペックアップだけでなく、ボリュームにLECUAを採用したのは大きいでしょう。しかも、バランス端子にもプリアウトが効くのもうれしいところ。このボリューム部分だけでも他社同クラスに対してはかなりアドバンテージがあると思います(もっと安価なクラスのiFI Audioが大変に高評価なのも、ボリュームの性能の高さも相まっているようですし)。

最近流行りのヘッドホンのバランス駆動には対応しませんでしたが、これはラックスマンの考え方ということでしょう。そのあたりは、最近出たTEACのUD-503とは対照的。

こんごは下位モデルのDA-100の近いうちのモデルチェンジも予想されるところです。