REVOWireless
発売済みのオーディオ製品をご紹介。REVO WirelessはJabraによるBluetoothヘッドホン。2013年に発売されました。

このヘッドホンで特筆できるのは、5.1ch以上のサラウンドをサポートするオーディオコーデック「Dolby Digital Plus」に対応していること。PC、スマホにアプリを導入することにより、Bluetooth接続でのヘッドホンサラウンドが楽しめます。

他にも本体素材には、高級スポーツ用サングラスにも用いられる「Grilamid TR90」を採用。ヘッドバンドは10000回の屈曲テストや3500回の折り曲げテストに、ボディは2mからの落下テストに耐える設計。大変なタフさも売り。

対応プロファイルはAVRCP/HSP。コーデックはSBC。もちろん、スマホ対応のリモコン、マイク機能も装備します。

「Revolution」(革命、回転など)の短縮形を製品名に用いているとのことですが、「Dolby Digital Plus」対応はまさにそう言っていいほどのもの。

「Dolby Digital Plus」に対応するBluetoothヘッドホンを私は本機のほかに知りません。そういう意味では唯一無二ですし、意欲的な製品だったと思います。

しかし、2017年の現在に至るまで、「Dolby Digital Plus」に対応するBluetoothヘッドホンが他に無い以上、このコーデックは普及しなかったと判断せざるを得ません。Bluetoothでのヘッドホンサラウンドはそれほどまでに需要が無かったということでしょうか。

所有している人の評判はかなり良いです。「Dolby Digital Plus」の効果もかなり高いようです。意外にもSBCのみでも音質も悪くないという評判。

それでもできればAAC、aptXにも対応した新版が欲しいところですが、期待できないでしょうか。