CDプレーヤー


    mohican_

    ヘーゲルからCDプレーヤー「MOHICAN(モヒカン)」を11月1日発売。価格は¥500,000(税別)。

    型番の「MOHICAN」は小説『モヒカン族の最後(THE LAST OF THE MOHICANS)』から取ったもの。"ヘーゲル最後のCDプレーヤー"の意味合いで付けたものだそうです。

    今時のCDプレーヤーとしてあり得ないほどシンプル。つまり本当にCD再生オンリーの単機能です。

    独自にカスタムを施したCDオーディオドライブメカはサンヨー製で、オリジナルのサーボ回路により、正確な読み取り精度を実現するとしています。

    特許技術「Sound Engine(サウンドエンジン)」を用い、ジッターを測定可能なレベル以下にまで減少するとしています。

    DACには旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載。もちろん、DSDやハイレゾに対応した最新高級DACチップで、これでCDのみをデコードさせるのはとても贅沢な感じです。しかも、44.1kHz/16bitネイティブで変換。アップコンバート、アップサンプリングの類は排除しています。

    アナログ段は同社の単体DAC「HD30」と同じ構成とのことで、高品位なもの。

    アナログ出力はアンバランス(RCA)×1系統、バランス(XLR)×1系統、デジタル出力は75Ω BNC×1系統を装備。寸法はH430 × H100 × D290mm、質量は6.5kg

    デジタル入力やヘッドホン出力さえ装備しません。ヘーゲルはハイレゾ対応DACや、DAC入力を装備したプリメインアンプを出しているだけに、このCDプレーヤーと潔さは驚きです。

    CD専用ドライブの入手が難しくなっていることもあり、わざわざ専用品を作ったのは驚き。CD専用の高級メカがあた時代はとっくに終わっています。SACDを回せるメカニズムはもっと悲惨な状況でしょうか。

    ただ、この価格で購入するのは、ピュアオーディオ愛好家くらいでしょう。やはり各種デジタル入力のあるCDプレーヤーのほうが利便性は高そうです。

    どうでもCDがかかるプレーヤーは今でもいくらでもありますが、CD専用で音質を追求したものはさすがにほとんどないだけに貴重ではあります。

    こうなると往年のCDプレーヤー名機も気になりますが、メカもピックアップも維持できないとなれば、そっちの中古というわけにもいかないでしょうし…。やはり価値ある選択肢でしょうか。

    TY-CDK9
    東芝エルイートレーディングは、カセットテープからSDカードやUSBメモリーに録音できるCDラジカセなど2機種を発売します。

    「TY-CDX9」(12月中旬発売、予想実売価格12,800円前後)と、「TY-CDK9」(12月上旬発売、予想実売価格10,800円前後)。

    「TY-CDX9」はカセットテープ、CD、AM/ワイドFMラジオに加え、アナログ外部入力端子を備えポータブルオーディオプレーヤーなどを接続して再生することもできるCDラジカセ。リモコンも付属。

    ハイポジションテープの再生にも対応するのも特徴です。また、これらの音源をSDカードやUSBメモリーへMP3(192kbps)で録音できるのもポイント。

    そのほか曲の歌声を小さくしてカラオケを楽しめる「ボーカルダウン」や、マイクの音量調整ができる外部マイク端子、マイクエコー機能なども備えているので、いろいろと楽しめます。

    スピーカーはφ8cmフルレンジを2基搭載し、アンプ出力は3W+3W。電源はAC電源に加え、単二電池6本でも駆動可能。屋外にも持ち出して使えます。

    アルカリ電池利用時の連続使用時間は、CD/カセットテープ再生が約9時間、ラジオ受信が12時間、SDカード再生が約11時間、USBメモリ再生が約10時間。外形寸法は316W×130H×215Dmm、質量約2.2kg。本体カラーはサテンゴールド。

    「TY-CDK9」は、SDカードスロットやUSB端子、録音機能を省いたモデル。違いはそれだけではなく、ボーカルダウン機能はないようです。

    アルカリ電池利用時の連続使用時間は、CD/カセットテープ再生が約10時間、ラジオ受信が約13時間と、こちらの方がロングバッテリーです。外形寸法などは同じです。

    どちらも、音楽CDのほか、CD-R/RWに書き込んだMP3音源を再生可能なので、TY-CDK9本体でMP3を楽しむことも不可能ではありません。

    さて、とくに「TY-CDX9」のほうは、昔録音したハイポジテープの再生ができることと、そのデジタル化ができることが売り。ドルビーNRがないのは残念ですが、だいたい、ハイポジテープの市販ミュージックテープは少なく、また、当時、ドルビーをかけてハイポジテープを録音していた人も少ないということなのでしょう。ドルビーなしで作ったハイポジテープのデジタル化には向いています。

    個人的には遅かったというか、どうしようもないです…。というのも1980年代後期から1990年代にかけて、ハイポジテープを使ってドルビーをかけずにNHK-FMのエアチェック(クラシックのライブ)を随分しましたが、荷物の整理の必要性から、全て捨てざるを得ませんでした。残念かと言えばそうでもなく、次々と積みあがる映像、音源に追われ、どうでも良くなってしまいました。

    むしろ、1980年代に買ったミュージックテープは残したのに、ドルビーNRの使えるデッキがなく、本来の音質で再生できないのが残念です。

    とはいえ、この2機種は現在発売するCDラジカセとしてなかなか魅力的なのは確かだと思います。非常用にも使えますし、アクティブスピーカーにもなるので、一台持っておきたいオーディオでしょう。オートリバースがないのは残念。



    オンキヨーは単品販売対応のコンパクトコンポシリーズINTEC275の新シリーズを2009年以来発表しました。

    3モデルを11月中旬に発売する。価格は、ネットワーク対応のハイレゾ対応ステレオアンプ「R-N855(S)」が88,000円、CDプレーヤー「C-755(S)」が47,000円、ハイレゾ対応のブックシェルフスピーカー「D-212EXT(D)」が71,000円(ペア)。

    ここではCDプレーヤーのC-755(S)をご紹介。

    「R-N855(S)」との組み合わせを想定したCDプレーヤーで、音楽CDのほか、CD-R/RWに記録したMP3なども再生可能。±10PPMの高精度な「プレシジョンクロック」や、デジタル特有のパルスノイズを低減する「VLSC」を搭載し、高音質化を図っています。DACチップは旭化成エレクトロニクス製の192kHz/24bit対応「AK4482」を搭載。

    フロントパネルに5mm厚の高剛性アルミニウム材を使用。振動による影響を抑制し、純度の高い信号伝達を可能としているとしています。シャーシには1.6mm厚の鋼板を使用し、フラットなシャーシ形状とすることで、起伏による複雑な振動の折り返し波の干渉を抑えているとしています。

    出力端子はアナログとデジタルが各1系統。オンキヨーの機器連携のRI端子も備えます。外形寸法は275×283.2×87.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.8kg。


    今時珍しいくらいのシンプルなCDプレーヤーでした。デジタル入力だとか、USB入力は全てネットワークレシーバーのR-N855(S)が受け持つからこれでいいという割り切りです。しかし、この価格にしては機能がシンプル過ぎるような。むしろここまでするならデジタル出力オンリーのCDトランスポートにすれば良かったように思いますが。

    そうでないなら逆にSACDかさらにはBDもかかるようなユニバーサルプレーヤーにでもしてほしかったです。

    実際、オンキヨーならこの価格でVLSCも搭載したSACD/DVDユニバーサルプレーヤーをフルサイズ、ミニコンサイズともに出していたはずですが。コストが厳しくなっているのか、市場が小さくなっているのか。両方なのか。

    ポータブルオーディオ界は賑わっているようなのですが。そういえばオンキヨーもDAPも出していますが、INTECとの連携などの機能は取り立ててないようです。コンポ系のユーザーとポータブル系のユーザーはそれほどまでに違うのでしょうか?

    DENON_DCD-1500RE

    過去に発売されていたオーディオ製品を紹介。DENON DCD-1500RE デノンのSACDプレーヤー 価格:12万円 発売2013年 中古市場でも注目されるであろう機器です。

    デノンの定番SACDプレーヤー・DCD-1650シリーズの影に隠れてきたのがDCD-1500シリーズ。しかし、機能的にはDCD-1650と遜色ないどころか、むしろ多機能という穴場的機種です。

    しかし、最後に出てくる音がいまだにアナログ的な物量に左右されてしまうCDプレーヤーの世界のため、ドライブメカ、電源部の規模、コンデンサーの物量、シャーシ構造、の全てにおいてDCD-1650よりコストカットされているDCD-1500は、どうしても音質的には上位と差があるとされています。いわゆる分解能は高くても何かリアルな質感が足りないとか、雰囲気感が乏しいといった違いでしょうか。低音の力感の違いもあるようです。

    それでも、その差を感じない、気にしない、という人にならば、本機は性能、機能面では何の問題もなくおすすめできます。

    本機は、CD/SACD再生機能に加えて、DAC機能も装備。ヘッドホン端子も装備します。

    USB-DACとして、5.6MHz/2.8MHzのDSDネイティブ再生、最大192kHz/24bitのPCM再生に対応。DSDネイティブ再生は、DoP方式とASIOドライバー方式の両方が可能。アシンクロナス伝送にも対応。前面のUSB-A端子はiPhone/iPod入力やUSBメモリー再生に対応する多機能ぶり。さらに、光/同軸デジタル入力を搭載し、それぞれ192kHz/24bitまで対応。

    DACには192kHz/32bit対応のTI製「PCM1795」を搭載。本機は1基を搭載。4chDACの出力を左右2chずつ使用する差動出力を採用しています。ビット拡張とデータ補間によるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」も搭載。DACをマスターとしてクロック供給を行いデジタル回路の正確な同期を行う「DACマスター・クロック・デザイン」も採用。

    新設計の大型ブロックコンデンサーも搭載するなど、各種の音質パーツも厳選。自社開発のドライブメカは、高さを従来より10mm抑えた低重心設計で制振性を高めました。

    非常に多機能ですし、内容的にも豪華に見えますが、さすがに上位ではデジタル・アナログ別トランスのところ、本機では一基と、コストダウンされている点は少なくありません。

    アナログ音声出力はアンバランスRCA端子を1系統搭載。光/同軸デジタル出力も各1系統搭載。
    外形寸法は434W×134H×331Dmm、質量は8.2kg。

    さて、多機能を誇った本機ですが、2016年、秋、後継機にモデルチェンジされ、生産完了となりました。DCD-1600NEです。価格は同じ。

    その内容は相当違います。まず、ディスク再生に特化。DAC機能がなくなりました。ヘッドホン端子もありません。

    その分のコストをディスク再生機としての高音質化に向けたようです。自社開発ドライブメカは、DCD-SX11で採用したドライブ「Advanced S.V.H. Mechanism」をベースとしながら、このモデルに特化した専用の基板を新たに開発するなどグレードアップ。

    「DACマスター・クロック・デザイン」も、クロック回路の構成や、使用パーツのグレードを最新上位機2500NEと同等にグレードアップしました。各種コンデンサーも高品位品に替えています。筐体構造、インシュレーターも見直したようです。

    DACをなくして価格据え置きですから、音質面での向上は確かだろうと思います。一方、DACがなくなったことによる不便さを感じる人もいるでしょう。ですから、そういう人にはDCD-1500REをおすすめします。いまのうちなら処分品を安く買えるでしょう。そのうち、中古しか手に入らなくなりそうです。

    なお、DCD-1600NEも。CDやSACDに加え、DVD-R/-RWやDVD+R/+RWに記録したDSDの5.6MHzまでのファイルや、最大192kHz/24bitまでのPCMデータも再生可能という裏技?によりしっかりとハイレゾ再生対応機みたいな表示は維持しています。

    DENON_DCD-SA11

    過去に発売されていたオーディオ製品を紹介。DENON DCD-SA11 デノンのSACDプレーヤー 35万円(税別)で発売2005年 中古市場でも注目される機器です。

    ステレオSACDの再生に対応したSACD/CDコンパチプレーヤーです。2004年8月に発売された「DCD-SA1」(50万円)の下位モデルという位置づけ。

    本機は、1990年代中盤から2000年代初頭まで、中級単品コンポの定番だった、デノン(当デンオン)のS-10シリーズの後継機です。具体的には2002年のCD専用機・DCD-S10ⅢLimited(25万円)の後継機です。

    CD再生には、DCD-SA1と同様の「Advanced AL24 Processing」を搭載。192kHz/24bitに対応したアナログ波形再現技術「AL24 Processing」に加え、時間軸領域での情報量を大幅に向上。アップコンバート・サンプリングを行ない、自然な補完処理を実います。

    ドライブ部は、SACDの高速回転に耐え、長寿命を実現したというブラシレスモーターを採用。また、ターンテーブルやピックアップメカベースなどの傾きを吸収するために、全数スキュー調整も内蔵。ディスクトレイには、トレイ後部の大型プレートにより安定した回転と振動の吸収を実現したというハイブリッド構造「S.V.H.ローダー」を採用。CD時代から続くS.V.H.ローダーのSACDバージョンです。

    DACは192kHz/24bitに対応した。バランス出力はHOT側、COLD側とも専用DACからの出力をダイレクトに受けたバランス構成を取る真正のバランス回路。また、アンバランス出力もバランス出力からの差動ドライブから取っています。

    マスタークロック発振器も搭載し、回路ブロックをモジュール化。基板パターンの負荷容量などの影響を抑えることで発振出力の安定化を図っています。

    クロックはDACをマスターとして各デバイスへクロックを供給するシステムを採用。

    電源部は、デジタル系とアナログ系の電源を分離した2トランス構成を採用。漏洩磁束を互いにキャンセルする方向に配置することで、互いの回路への干渉を抑えています。また、シャーシへの取り付けベースには、アルミ鋳鉄を採用。

    2


    筐体の底板は平板シャーシを4層、天板は2層重ねて共振を防止。サイドとリアのパネルは異種素材を組み合わせることで、共振を抑制。インシュレータは焼結合金製。

    出力端子は、バランス、アンバランス、光デジタル、同軸デジタルを各1系統装備。外形寸法は434×415×138mm(幅×奥行き×高さ)。重量は19kg。

    今となっては、現在のデノンの多くのSACDプレーヤーが搭載している各種デジタル入力がないのが残念。DCD-S10ⅢLimitedにもデジタル入力はあっただけに本当に残念(しかも24bit/96kHz対応のハイスペックだったので、今日でも使えるほど)。本機にもデジタル入力があれば、中古市場でもっと人気があると思います。

    物量、内容も向上し、音質も良くなっているようですが、S-10シリーズの売りだったコスパの高さが大幅な価格上昇によって、イメージが薄くなったのも痛いようです。実際、S-10シリーズよりは話題にならず、売れなかったようです。

    とはいえ、かなりのクオリティーでSACDを聴けることは大きな美点です。しかも、現在のSACDプレーヤーの多くは、USBをはじめとするデジタル入力にコストを取られていることを考えると、SACD中心に音楽を聴く人には本機のようなプレーヤーこそ欲しい製品かもしれません。

    2016年のデノンSACDプレーヤー新機種DCD-2500NEは本機のようなSACDプレーヤー単機能機。クラスでいうとDCD-2500NEは1650とこのSA11の間くらい。時間は空いていますが、基本的な物量は本機のほうが上。まして中古価格は10万円台前半が相場。音がどんな勝負なのか面白そうです。

    では本機の後継機は?というとあります。2015年のDCD-SX11(36万円)です。USBをはじめとする各種デジタル入力がてんこ盛り。機能的には全く及びません。音の面でも新製品のアドバンテージは高そうな印象。とくに情報量では大差がありそうです。

    本機はやはりメカ、ピックアップの劣化は気になります。デノンの修理対応はまだ大丈夫かもしれませんが、アキュフェーズのようには長くないでしょうから。

    【DCD-SA11】DENON デノンCDプレーヤー

    このページのトップヘ