イヤホン

    final _E2000
    finalブランドはリーズナブルなカナル式ダイナミック型イヤホン「Eシリーズ」2モデルを5月18日に発売。オープン価格で実売予想価格はステンレス筐体の上位機「E3000」が5,480円前後(税込)、アルミ筐体の「E2000」が4,380円前後(税込)。

    Eシリーズは「高音質・シンプルなデザイン・使い勝手の良さ・手が届く価格、の全てを満たすこと」がコンセプト。これを満たすためか、ダイナミック型1発のシンプルな構成。とは言え、価格を超えた品位感を醸し出す金属筐体は美麗で、魅力的に見えます。

    いずれもユニットは6.4mm径のダイナミック型。

    E3000の筐体はステンレス鏡面仕上げで、「迫力のある低音と高い解像度を実現。ホールで聴いているような広いサウンドステージ」と謳っています。見た目の美しさが印象的です。

    一方、E2000はアルミ/ブラックアルマイト仕上げ。「切れの良い中高音と躍動感のあるボーカル。目の前で演奏しているかのような臨場感」を謳います。1000円程度の違いでE3000とどのように違う音を聴かせるのかも面白いところ、

    独自のイヤーピーススウィングフィット機構により装着性を向上させたとしています。ケーブルのタッチノイズを解消するというイヤーフックも同梱。イヤーフック使用時にも柔軟に曲がるオリジナルケーブルを採用。

    感度はE3000が100dB/mW、E2000が102dB/mW、インピーダンスは16Ωで共通。ケーブル長は1.2m。重量はE3000が14g、E2000が12g。

    さすがにリケーブルなどには対応しませんが、価格を考えると妥当なところ。スマホ用マイク付きリモコンなどを装備しないのはたとえばエレコムとは違いますが、方向性が違うので当然でしょう。

    全体にゼロオーディオの同価格帯機を意識したような印象。カナル型というと密閉型というイメージですが、本機では一部開放構造になっていて、音場空間の広さや質感のしなやかさにつなげているようです。その分公共空間での大音量には十分注意しなければならないでしょう。

    価格帯の人気機になるかもしれませんが、量販店で簡単に試聴できるメーカーではないだけにどれだけ大メーカーに食い込めるかでしょう。

    BRAINWAVZ_B100
    桜木電子は、香港・BRAINWAVZ(ブレインウェイブズ)のカナル型イヤホン「B100」を2月24日に発売します。オープン価格で実売7,400円前後。

    バランスド・アーマチュア型ドライバー1基を搭載。軽さとフィット感を追求した設計が特徴。形状記憶ケーブルを耳に掛けて装着する方式。「ボーカルに焦点を当てたクリアかつ良バランスな音質」としています。つまりは中域重視のカマボコからハイ上がり系なのでしょう。構成から予想できる範囲ですが。

    再生周波数帯域は15Hz~22kHz、感度は110dB/mW、インピーダンスは50Ω。ケーブルはY型で長さ1.3m。プラグは金メッキのステレオミニ。イヤーピースはS/M/Lサイズが付属するほか、Comply製のイヤーピースも同梱。持ち運び用のハードケースも付属。

    特に金属ハウジングでもなく、リケーブルもできず、ドライバー構成的に取り立ててコスパ面の有利性も見えません。しかも国内ではあまり名前の無いブランド。どのような勝算があるのかわかりませんが、そうなると価格からしての音質に相当の自信があるということでしょうか?

    アマゾンでは以前から売っていたようですが2万円もしますね…。しかも購入者のレビューはありません。輸入してまでイヤホンを聴く層からもあまり注目されていないようです。

    このブランド自体はもっと製品があり、どちらかというと数千円クラスの機種は得意なようです。もっとそちらも注目されるといいのでしょうね。

    400-HPL002
    サンワサプライは、MFi認証取得のLightningコネクタ専用イヤホン「400-HPL002」を発売します。同社が運営する直販サイト「サンワダイレクト」での価格は7,480円(税込み)。

    本体にDACとアンプを内蔵し、iPhoneやiPadなどのiOS機のLightningコネクタに直結できるLightning端子専用のカナル型イヤホンです。

    ハウジングにはアルミニウムを使用。品位感のある外観になっています。ユニットは9mm径ダイナミック型。これらにより、周波数特性は20Hz~20kHz。音圧感度は96dB(±3dB)、インピーダンスは16Ω(±15%)のスペックとしています。

    ケーブルには、曲送りや再生/停止に対応したマイク内蔵コントローラーを搭載。ケーブル長は約1.2m、質量は約20g。

    オーディオ的にあまり注目できそうな内容はありません。さすがにこの価格ではハイレゾ対応ではないようです。

    といっても、実は同じくらいの価格でハイレゾ対応のLightningコネクタ専用イヤホンはリンクスが出しているはずですから、お得感を訴えるなら、サンワもできればよかったのですが。

    もっとも、iOS機でハイレゾを聴くほどのユーザーは想定していないのでしょう。

    この価格でハイレゾ対応のLightningコネクタ専用イヤホンを他に出すなら国内メーカーではやはり、エレコムでしょうか?サンワサプライはあまりハイスペックにはこだわらない立ち位置を守っているようです。

    Beat-inPowerBank
    ロア・インターナショナルは1月12日、左右分離型のいわゆる完全ワイヤレスイヤホン「Beat-in Power Bank」を発売しました。価格は1万8997円。

    すでに発売されていて、その小ささで話題のBeat-in Stickのバリエーションモデルです。Beat-in Stickに付属しているバッテリー兼収納ケースが違うだけで、本体は同じです。

    イヤホン片側の外寸は13.9×21mm(直径×長さ)、重量4.4g。この大きさにして、本体に操作ボタンとマイクを備え、スマートフォンと連携してハンズフリー通話や音楽再生が行なえるのもポイント。

    Bluetooth 4.1に対応し、コーデックはSBCとAACをサポート。iPhoneにも向いています。S/M/LサイズのイヤーピースやUSBケーブルが付属。

    Beat-in Stickよりもバッテリー容量が増加。250mAhから2100mAに。そのため、イヤホンを充電できるほか、スマホなどへ給電するモバイルバッテリーとしても利用できるようになっています。収納ケースのサイズはおよそ幅41×高さ91×長さ23.5mm、重量約84g。

    収納ケースの違いで、4千円ほどの価格差がありますが、どちらを選ぶかはあなた次第です。


    EarSonicsES2
    ヤマハミュージックジャパンは、仏EarSonics社のマルチBA型イヤホン2機種を1月11日に発売します。

    3ウェイ3ドライバー搭載の「ES3」と、2ウェイ2ドライバー搭載の「ES2」。価格はどちらもオープンで、ES3は78,000円前後、ES2は58,000円前後が予想されます。

    「ES3」は低域1基、中域1基、高域1基のBAドライバーを搭載した3ウェイ3ドライバー。再生周波数帯域は10Hz~20kHzで、入力感度は116dB/mW、インピーダンスは31.5Ω。

    立体的で輪郭が明瞭な奥行きのあるサウンドが特徴だとしています。

    「ES2」は低域1基、高域1基のBAドライバーを搭載した2ウェイ2ドライバ。再生周波数帯域は10Hz~20kHzで、入力感度は119dB/mW、インピーダンスは26.5Ω。ES3よりダークなトーンにフォーカスした独自の表現力を持つとしています。

    ケーブルはリケーブル(2pinタイプ)も可能となっています。

    どちらもプレーヤー側端子は3.5mmステレオミニプラグを搭載、キャリングケース、イヤーチップ、クリーニングツールが付属。

    EarSonics社は開発から生産、パッケージまで一貫してフランスの自社工場で行い、使用部品も全てフランス産にこだわっているとのこと。

    ES2の音質上の謳い文句の意味がよくわかりませんが、陰影感に富んでいるということでしょうか?全体のトーンが暗いとか、明るいとかは確かにあると思います。クラシックやアコースティック系に適しているのでしょうか?

    全フランス製というのは、オーディオ愛好家にどれほどの魅力があるかもよくわかりませんが、女性へのプレゼントにするには効果的な要素かもしれません。もっとも、このようなイヤホンをプレゼントに向いているかは別問題ですが。それにプレゼントにするなら外見的にもっと向いているイヤホンはありそうです。

    EarSonicsには固定ファンがいるようですから、あまり幅広い人に向けたアピールは必要ないのかもしれません。

    このページのトップヘ