イヤホン

    オーディオテクニカは、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとした“Sound Reality series”の新モデルとして、シリーズ初のBluetoothイヤホン「ATH-CKR75BT」など3機種を6月23日に発売。

    ここではシリーズ最上位のATH-CKR75BTをご紹介。オープン価格で予想実売価格は15000円程度。

    新開発のφ11.8mmダイナミックドライバーを搭載。ハウジングはアルミ製。

    BluetoothはVer.4.1で、aptX/AACに対応。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。耳元で音楽や動画、通話の操作ができるインラインコントローラーも備えています。

    イヤホン部の再生周波数帯域は5~40,000Hz、出力音圧レベルは108dB/mW、インピーダンスは19Ω。質量は17.8g。

    約3時間の充電で約7時間の連続音楽再生および約200時間の連続待受が可能。バッテリーはイヤホン部から分離され、襟元部分にクリップで留められる“Clip-Onスタイル”。

    有線イヤホンの“Sound Reality series”をBluetooth化したということですが正直、取り立てて特徴の無いBluetoothイヤホンな印象。それでも内蔵アンプで各音域の解像度を高め、奥行きある音場を再生するというのを売りにしています。

    本機は上位機なだけに、音質を訴求するシリーズでもあるだけに有線接続もできればもっと面白かったかもしれません。実際ハイレゾ対応の広帯域なだけに勿体ないです。aptX HDにでも対応していればまた違ったでしょうが。

    むしろ同時発表されたBluetoothヘッドホン・ATH-DWL770のほうがaptX low latencyもサポートする点で特徴があります。ヘッドホンよりも本機のようなイヤホンのほうがaptX low latencyの意味が大きいような気がしますが…。



    NUARL_NX01A
    エム・ティ・アイは、NUARLブランドのハイレゾ対応イヤホン「NXシリーズ」として、「NX01A」と「NX110A」の2モデルを発売。NX01Aが6月18日発売で、価格は9,800円(税抜)。NX110Aが6月9日発売で、価格は3,980円(税抜)。

    ここでは上位のNX01Aをご紹介します。

    10mm径ダイナミック型シングルドライバーを搭載し、デュアルチャンバー構造の筐体に特許技術HDSS(High Definition Sound Standard)を採用したモデル。ドライバーには5Hz~70kHzの超広帯域を再生可能なチタン合金蒸着ダイヤフラムを使用することで、広帯域と高解像度再生を両立したとしています。

    高強度なステンレス鋼を金属粉末射出成型した筐体は、手作業で磨きをかけ鏡面仕上げを施した美しいもの。

    音響室内部は、金属と樹脂を組み合わせたハイブリッド構造にすることで、共振を防止し、音質向上を狙っています。

    インピーダンスは32Ωで、感度は105dB。最大許容入力は10mW。本体質量は約40g。

    ケーブルの芯線には銀メッキ無酸銅線を採用。撚り対線の被覆には2重のコーティングが施されています。プラグにはストレート型の金メッキ3極プラグを採用。ケーブル長は120cm。

    低反発フォームの形状記憶イヤーピース、シリコン製イヤーピースをそれぞれ3サイズ用意。そのほか、ウイング型のイヤーフックやハードタイプのキャリングケースを付属。

    女性にも受けそうなシンプルでスタイリッシュなデザインながら、見た目からは予想外なほどのハイスペック。

    ただ、これでも強いアピールになるかわからないほど現在のイヤホン界は成熟し、激戦となっています。NUARLブランドは低価格でも超ワイドレンジ、見た目もおしゃれ、という路線を狙っているようですが、人気ブランドがひしめくなか、地位を築けるでしょうか?

    Fender_CXA1
    フェンダーミュージックは、同ブランドイヤホンのエントリーモデル「CXA1」を5月下旬に発売すると発表しました。価格はオープンで予想価格は14,800円前後。カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3種。

    カスタムメイドの8.5mm径ダイナミック型、チタン製マイクロドライバーを搭載。これにより、「ポータブルでも最適な小型軽量化を実現した」としています。

    再生周波数帯域は14Hz~22kHz。インピーダンスは16Ω。感度は110dB。

    薄型スリムなシェルを採用。自然にフィットするというイヤーピースも組み合わせ、遮音性を高めている。ノイズ低減量は22dBとまずまず。

    ケーブルには、新開発のマイクを搭載。3ボタンリモコンも備え、スマホでのハンズフリー通話にも対応。ケーブルは着脱できないのでリモコンマイクも外すことはできません。長さは1.3m。


    ライトユーザー向けのスマホ向けモデルということですが、今はこのくらいの価格で音質もよく使い勝手もよいイヤホンも多いですから、特にこれと言った決めては弱いように感じます。となるとどうしてもフェンダーというブランド名が頼りということでしょうか。


    それだとしてもならではの個性も見た目からは感じ取りにくく、どうしてもシュアに似た最近よくあるイヤホンの一つのように見えてしまいます。下手すると中国メーカーのシュアっぽい製品にさえ見えそうです。


    まあ、フェンダーのイヤホンは高額機もありますから、本機は割とどうでもいいのかもしれません。それでもライトユーザー層の動きを見るのに出している面はありそうです。


    final _E2000
    finalブランドはリーズナブルなカナル式ダイナミック型イヤホン「Eシリーズ」2モデルを5月18日に発売。オープン価格で実売予想価格はステンレス筐体の上位機「E3000」が5,480円前後(税込)、アルミ筐体の「E2000」が4,380円前後(税込)。

    Eシリーズは「高音質・シンプルなデザイン・使い勝手の良さ・手が届く価格、の全てを満たすこと」がコンセプト。これを満たすためか、ダイナミック型1発のシンプルな構成。とは言え、価格を超えた品位感を醸し出す金属筐体は美麗で、魅力的に見えます。

    いずれもユニットは6.4mm径のダイナミック型。

    E3000の筐体はステンレス鏡面仕上げで、「迫力のある低音と高い解像度を実現。ホールで聴いているような広いサウンドステージ」と謳っています。見た目の美しさが印象的です。

    一方、E2000はアルミ/ブラックアルマイト仕上げ。「切れの良い中高音と躍動感のあるボーカル。目の前で演奏しているかのような臨場感」を謳います。1000円程度の違いでE3000とどのように違う音を聴かせるのかも面白いところ、

    独自のイヤーピーススウィングフィット機構により装着性を向上させたとしています。ケーブルのタッチノイズを解消するというイヤーフックも同梱。イヤーフック使用時にも柔軟に曲がるオリジナルケーブルを採用。

    感度はE3000が100dB/mW、E2000が102dB/mW、インピーダンスは16Ωで共通。ケーブル長は1.2m。重量はE3000が14g、E2000が12g。

    さすがにリケーブルなどには対応しませんが、価格を考えると妥当なところ。スマホ用マイク付きリモコンなどを装備しないのはたとえばエレコムとは違いますが、方向性が違うので当然でしょう。

    全体にゼロオーディオの同価格帯機を意識したような印象。カナル型というと密閉型というイメージですが、本機では一部開放構造になっていて、音場空間の広さや質感のしなやかさにつなげているようです。その分公共空間での大音量には十分注意しなければならないでしょう。

    価格帯の人気機になるかもしれませんが、量販店で簡単に試聴できるメーカーではないだけにどれだけ大メーカーに食い込めるかでしょう。

    BRAINWAVZ_B100
    桜木電子は、香港・BRAINWAVZ(ブレインウェイブズ)のカナル型イヤホン「B100」を2月24日に発売します。オープン価格で実売7,400円前後。

    バランスド・アーマチュア型ドライバー1基を搭載。軽さとフィット感を追求した設計が特徴。形状記憶ケーブルを耳に掛けて装着する方式。「ボーカルに焦点を当てたクリアかつ良バランスな音質」としています。つまりは中域重視のカマボコからハイ上がり系なのでしょう。構成から予想できる範囲ですが。

    再生周波数帯域は15Hz~22kHz、感度は110dB/mW、インピーダンスは50Ω。ケーブルはY型で長さ1.3m。プラグは金メッキのステレオミニ。イヤーピースはS/M/Lサイズが付属するほか、Comply製のイヤーピースも同梱。持ち運び用のハードケースも付属。

    特に金属ハウジングでもなく、リケーブルもできず、ドライバー構成的に取り立ててコスパ面の有利性も見えません。しかも国内ではあまり名前の無いブランド。どのような勝算があるのかわかりませんが、そうなると価格からしての音質に相当の自信があるということでしょうか?

    アマゾンでは以前から売っていたようですが2万円もしますね…。しかも購入者のレビューはありません。輸入してまでイヤホンを聴く層からもあまり注目されていないようです。

    このブランド自体はもっと製品があり、どちらかというと数千円クラスの機種は得意なようです。もっとそちらも注目されるといいのでしょうね。

    このページのトップヘ