スピーカー

    DENON_HEOS1
    デノン(DENON)は、ワイヤレスオーディオシステム「HEOS(ヒオス) by Denon」を国内発表し、4製品を3月15日に発売します。

    ネットワークスピーカー「HEOS 3」と、ポータブルスピーカーの「HEOS 1」、「HEOS 1」専用バッテリーパック「HEOS 1 GO PACK」、ワイヤレスプリアンプ「HEOS LINK」で、いずれもオープン価格。

    実売予想価格は、「HEOS 3」が33,000円前後、「HEOS 1」が25,000円前後、「HEOS 1 GO PACK」が1万円前後、「HEOS LINK」が37,000円前後。

    オーディオ再生機能を持つバッテリーパック以外の3機種のネットワークなどの再生機能、性能は同じ。

    無線LAN、有線LANのどちらにも対応し、ストリーミング音楽配信サービス、インターネットラジオも受信・再生可能。対応音楽配信/インターネットラジオサービスは、AWA、Spotify、SoundCloud、TuneIn。

    さらに、USBメモリーやLAN内のNASなどに保存したハイレゾ音楽ファイルの再生も可能。Bluetooth受信やアナログ入力も備えます。セットアップと操作はiOS/Android/Kindle Fire対応の「HEOSアプリ」で行なえます。

    対応オーディオファイル形式は、AAC/MP3が320kbpsまで、WMAは192kbpsまで、FLAC/WAV/Apple Losslessは192kHz/24bitまでサポート。DSDも5.6MHzまで対応。

    HEOS対応機器を複数台、連携して利用する事も可能で、同じ楽曲を再生したり、全スピーカー個別の楽曲を再生させる事も可能。最大36台までのHEOS対応製品が同時に連携できます。

    ここではHEOS 1をご紹介。3機種の中では最も手軽な価格と内容と言えます。とはいえ、最近多い一体型Bluetoothスピーカーとしてはかなり高度な内容と言えるのではないでしょうか。

    ユニットはミッドウーファー、ドーム型ツイーターの2ウェイで、2chのD級アンプを搭載。2台使ってのステレオ再生にも対応します。入力は無線/有線LAN、USB、Bluetooth。アナログはないようです。

    専用バッテリーパックを追加することにより、ポータブルBluetoothスピーカーとしても使えます。約6時間の音楽再生ができます。外形寸法と重量は、本体のみで129×128×189mm(幅×奥行き×高さ)、GoPak取り付け時の外寸は129×134×214mm(同)で、1.7kg。

    デノンでは本機をポータブルネットワークスピーカーと呼んでいますが、これではライトユーザー層にアピールできないのではないでしょうか?高級で高音質なBluetoothスピーカーとして打ち出すべきではないでしょうか?



    GENELEC_8020DPM
    GENELECの定番アクティブスピーカー「8020」と「8030」がマイナーチェンジ。オタリテックが4月頃に発売予定としています。1台の価格は、「8020DPM」(ダークグレー)が67,000円、「8020DWM(ホワイト)が72,000円、「8030CPM」(ダークグレー)が95,000円、「8030CWM」(ホワイト)が10万円。

    1台にクラスDアンプを2基内蔵したバイアンプ構成の2ウェイ小型アクティブモニタースピーカー。

    いずれも従来の8020C/8030Bから出力を50W(高域)+50W(中低域)に向上させ(従来は40W+40W)、最大音圧も4dBアップ。消費電力を抑えつつ電源回路の効率も向上させたとしています。

    変更点として、ニアフィールド特性を改善させるDESKTOPスイッチが追加。また、背面の電源スイッチがプッシュボタンになり、従来の8030Cでは前面にあった電源スイッチが背面に移りました。そのほか、前面のボリュームノブをなくして背面に±6dBの微調トリムが加えられました。

    サイズは8030Cは189×178×285mm(幅×奥行き×高さ)、8020Dは151×142×226mm(同)。前代と全く同じです。そのため、従来の取り付け関係のオプション品はそのまま使えます。

    全モデルはこれにより販売終了となります。

    前モデルでも十分だった人にとっては、実売価格が高くなる分残念かも。間違いなく品位はアップしているようなので、サイズ的にこれらを欲している人にとっては歓迎できるモデルチェンジでしょう。

    VA-SK001
    e☆イヤホンはアメリカのオーディオメーカー・VAVAの取り扱いを開始しました。

    第一弾として完全ワイヤレスイヤホンなどイヤホン数機種、また、Bluetoothスピーカー2機種を発売します。

    VAVAはかの?TaoTronics(タオトロニクス)の兄弟ブランドとのこと。アマゾンで安く売っているBluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーで一部ではお馴染み。

    ここではVA-SK001をご紹介。価格は9999円。外形寸法は24×10.1×5.6cmで、重量は850g。

    5W出力の40mm径ツイータ×2基と、10Wの70mm径サブウーファー×1基、65mm径のパッシブラジエータ×2基を搭載。内蔵アンプは合計20W出力。

    BluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFPに対応。コーデックはSBCに加え、aptXもサポート。

    6,700mAhのバッテリーを搭載。連続音楽再生時間は約10時間。充電はACアダプター、もしくはUSB経由で行ない、ACアダプタの場合は約3時間、USBでは約8時間で充電できます。

    TaoTronicsのBluetoothスピーカーよりもお得な印象は薄れている感じです。アンプ出力もそこそこで、あまりハイスペックな印象も受けません。

    ただ、すでに発売されていた並行輸入品ユーザーによると1万円クラス最強と評価する人もいるようなので、アンプ出力やスピーカー構成だけからは音はわからないのかもしれません。


    Roland_MA-22
    ローランドは、アクティブモニタースピーカー2機種を4月に発売します。オープン価格で、実売予想価格はBluetooth搭載の「MA-22BT」が23,000円前後(ペア)でカラーはブラック、Bluetooth非搭載で有線接続のみの「MA-22」が2万円前後(同)。

    DTMなどの音楽制作はもちろん、リスニングなどに利用できるというコンパクト・アクティブスピーカー。片側の外形寸法111.2×134×222.6mm(幅×奥行き×高さ)のコンパクトさ。重量は、R側が1.6kg、L側が1.52kg。

    2機種の違いはBluetoothのみ。Bluetooth 3.0に準拠し、プロファイルはA2DPとHFPに対応。音声コーデックはSBCのみに対応。SCMS-Tにも対応。

    ユニットはツイーターが2cm径、ウーファーが8cm径の2ウェイ・バスレフ型。20W×2chのアンプを内蔵。再生周波数帯域は80Hz~20kHz。

    前面に、ボリュームと、バス・トレの音質調整機能を装備。ヘッドホン出力端子と電源スイッチも前面。音声入力はアナログのRCAとステレオミニ。ステレオミニ-RCA変換ケーブルなども付属。

    ローランドは最近DTM向けのアクティブスピーカーを発売していなかったようです。久々の登場。

    さすがに現在のご時世を反映した内容で、DTMモニター向けというより、デスクトップPCオーディオ向けの感じ。Bluetooth搭載もいかにも今風です。さすがにSBCのみはさびしいですが、あまりメインに使うものではないのでしょう。有線接続で主に活用したいところ。

    デザインはオーソドックス。奇を衒ってはいませんが、少し古臭い印象すらあります。ただ、ローランドということを考えると納得できます。

    ブランド力を生かして人気になれるでしょうか?



    DYNAUDIO+CONTOUR30
    DYNAUDIOは「CONTOUR」(コンター)シリーズのスピーカー新モデルを国内正式発表しました。12月中旬~下旬から順次発売します。ラインナップと価格は以下の通りです。

    ・「CONTOUR 60」 3ウェイ・フロア型¥1,300,000/ペア(税抜)
    ・「CONTOUR 30」2ウェイ・フロア型 ¥1,000,000/ペア(税抜)
    ・「CONTOUR 20」2ウェイ・ブックシェルフ型 ¥640,000/ペア(税抜)
    ・「CONTOUR 25C」センタースピーカー ¥450,000(税抜)

    今回のモデルチェンジでは、新規に開発されたミッドレンジ/ウーファーユニットの採用が特徴。

    同社のスピーカーを象徴する存在であるMSP(ケイ酸マグネシウム・ポリマー)コーンですが、今回新設計しての使用。CONTOURとしては初めて採用されたというFEM(有限要素法)によるコンピューター解析を用いることで、振動板の形状を最適化したとのこと。

    振動板の厚みを一様にするのではなく、内周部から周辺部にかけて厚みを少しずつ変えた「Vari-MSPコーン」を開発。これにより、レスポンスの早いピストンモーションを実現したとしています。

    また、また、振動板のエッジ部のリングの形状もFEMの活用によって断面を楕円状に変更。より正確なピストンモーションが可能となったとしています。

    また、従来のCONTOURではS5.4のみ搭載されていた、ディナウディオの新世代高品位ツイーターである特殊コーティング・ソフトドーム・トゥイーター「ESOTAR2」を全面的に使用。高域特性がこれまでのCONTOURに比べて大幅に改善したとしています。

    宣伝文句を見ると確かに改良されて良くなっている部分は多いようです。ただ、随分デザインがシンプルな印象です。これまでのディナウディオのイメージは薄い印象。それでいて、他社のように箱型形状をやめるわけでもなく、従来的な形。ブックシェルフに至っては、従来の個性を演出していたツイーターとウーファーの一般からすると上下逆の配置もやめています。

    トールボーイ機は決して安くはないだけに、この雰囲気で大丈夫でしょうか。もちろん、音が良ければいいんです。ただ、ディナウディオは音が良くてもアンプを選ぶという傾向があります。ここが新シリーズで変わっているのかも注目です。


    このページのトップヘ