業界ニュース

    V-moda_CrossfadeM-100
    ローランド(Roland)、V-MODAを買収。

    ローランドは、米V-MODA社の株式を70%保有し、子会社化したことを発表しました。今後はフラッグシップ機「Crossfade M-100」やBluetooth搭載「Crossfade WIRELESS」などV-MODAブランド製品をローランドが販売します。

    V-MODAは人気DJのVal Kolton氏により2005年に設立されたヘッドホンメーカーです。EDMやロック等が合うヘッドホンとして知られる「Crossfade M-100」をはじめとするヘッドホン/イヤホンを展開しています。ハウジングに六角形の外装パーツを採用しているのも特徴で、製品デザインは、イタリア・ミラノの子会社が行なっているなど、外見の独創性とファッショナブルな面でも知られていました。

    デザイン優先のおしゃれアイテム的なヘッドホンメーカーかというとさにあらず。デュアルダイヤフラムドライバーを採用するなど、技術面でも注目点の多いブランドです。音漏れを最小限にするという独自技術「V-PORT V3 Airflow System」構造も見逃せません。

    フラッグシップの「Crossfade M-100」ヘッドホンは米国防総省のミルスペック(MIL-STD-810G)に準拠する高い耐久性を備えるというのも驚きです。

    V-MODAは設立以来、なんと300万台以上のヘッドフォンを販売。これまで、ハウジングをカスタマイズできるモデル('11年)、クラウドソーシングで製品化('14年)、3Dプリンタでデザインしたモデル('15年)など、今では珍しくありませんが、発売当時は極めて先進的だった内容、手法を次々と取り入れてきたのも注目です。

    今回の子会社化でも、V-MODAのVal Kolton CEO自体は変わらないそうですので、今後もV-MODAの独創性と高い品質は維持されそうで何よりです。

    今後もさらにヘッドホン市場を活性化させる驚きのアクションを取り続けて欲しいものです。ただ、ベンチャー的な冒険的なコンセプトの維持ができるのかはちょっと気になります。静かに見守りたいところです。



    4K_yake_HDR
    ビコム(株)は、国内初のUltra HD Blu-rayソフト『4K 夜景』を3月26日に発売すると発表しました。価格は6,000円(税抜)。

    国内初となるUHD-BD作品で、4K/HDR映像を収録。

    函館/横浜/東京/神戸/長崎の夜景を中心に昼の風景や夕景もタイトルに反して?収録。

    撮影はパナソニックの4K対応カムコーダー「VARICA M35」や同社の映像技術の協力を得て行われました。

    Ultra HD Blu-rayの技術的先進性として、4K解像度はもとより、映像コーデックのHEVC、広色域規格のBT.2020、そしてHDRへの対応が上げられます。

    なかでもHDR(High Dynamic Range)と呼ばれる映像の輝度方向の拡張の効果は、解像度の向上以上に大きな要素であると、開発メーカーやソフトメーカーが口をそろえています。

    それだけに本作品も、「HDR」対応であることを強く謳っています。HDRのハイコントラストな表現力を堪能するために、あえて昼の風景や夕景もタイトルに反して収録しているとさえメーカーは述べています。

    HDRの効果の大きさは、先行発売されている米国のHDR対応Ultra HD Blu-rayソフトを見たホームシアター愛好家も口々に述べていて、この効果は本物であると思わされます。

    しかし、HDR対応ソフトを楽しむにはUltra HD Blu-rayソフト再生に対応したプレーヤーに加え、HDR対応の4Kディスプレイも必要です。ただの4Kディスプレイではだめなのです。

    また、Ultra HD Blu-rayソフト再生に対応したプレーヤーも現時点でパナソニック「DMR-UBZ1」のみです。

    いまのところはかなり限られた映像マニアしか堪能できない4K・HDR映像ですが、できるだけ早期に普及することを期待しています。

    音茶楽とTTRは、イヤフォンの新たな機構「A.I.R.」を共同開発したと発表しました。

    「A.I.R.機構」(エアー機構)は、Acoustic internal-pressure regulatorの略。

    ダイナミック型ユニットは前面と後面の密閉度を高めると、振動板への負荷が増し、最低共振周波数foが上昇するほか、筐体内部の音の反響が増大し音の拡がりが損なわれるという問題があります。このために、密閉型のカナル型イヤホンでは、オープンエア型のイヤホンのような空間の広がり感や開放感が得にくいのでした。

    エアー機構ではユニット前後の空間を音響抵抗Ra、Maでつなぎ、ダイナミック型ユニットの背圧を低減。最低共振周波数foの上昇や筐体内部の反響の増大を防止できたといいます。つまりは密閉型でも空間感の広い音を感じさせそうになったということでしょう。

    この技術だけでは簡単にオープン型のような広がりが得られるものでもないようで、「トルネード・イコライザー方式」、「アコースティック・ターボ回路」といういずれも音茶楽独自の技術を併用して、「カナル型イヤホンでオープン型の広がり」を持つイヤホンの試作機を作り上げたということです。カナル型ならではの密閉/遮音性能もちゃんと確保されてるとのことで、まさにいいとこ取り。

    10月24日~25日に東京・中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭 2015」の音茶楽ブースに試聴機を展示するとのことですが、この内容が本当なら、イヤホン界に革命的な進歩となるエポックメイキングな機種になるかもしれません。

    音茶楽は変わったネーミングのイヤホンが多いですが、元ソニーの技術者が関わるなど、その技術レベルの高さは業界では知られていますので、このニュースリリースはそんなに大きな誇張でないと思います。

    おおげさでなく、「秋のヘッドフォン祭 2015」はオーディオの歴史に残るイベントになるかもしれません?

    音茶楽
        http://ocharaku.jp/sound/
    ニュースリリース
        http://ocharaku.jp/sound/topics/5342/

    デノンは、11月4日からプリメインアンプ「PMA-390RE」と、CDプレーヤー「DCD-755RE」を価格改定すると発表しました。。いずれも48,000円でしたが4,000円値上げの52,000円となります。

    値上げの理由については、「近年の製品に使用される原材料の調達価格の高騰、為替変動」を挙げており、「自助努力だけではコスト増を吸収できない状況となった」と説明。

    いずれもデノンのエントリークラスというよりも、国内オーディオメーカーによる単品オーディオコンポのエントリークラスを代表する製品。

    「PMA-390RE」はプリメインアンプで、定格出力は50W×2ch(8Ω)。DCD-755REは、32bit DACを内蔵したCDプレーヤーで、「AL32 Processing」などを搭載。

    この2機種はもう20年ほど前に初代が発売され、何代にも亘ってモデルチェンジされてきた、有名ロングセラーシリーズ。持って無くても知らないというオーディオ愛好家の人はいないのではないでしょうか?

    どちらも、一般ユーザーにもオーディオ愛好家にも十分アピールできる高い実力を持った機種です。たしかにモデルチェンジのたびじりじりと価格は上昇していましたが、同じ製品の販売のまま値上げするのは初めてです。

    何がデノン、いや、オーディオ界に起こっているのでしょうか?

    デノンは「ハイレゾ音源の登場等、オーディオ市場の活性化の兆しが見える中、オーディオの入門製品としてお客様の期待にお応えすべく、製品の安定供給に努めていく」ともしています。ここにヒントがあるのかも。

    デノンは最近、PMA-50を初めとするDAC内蔵型の小型デジタルアンプもラインナップ。そのパフォーマンスは高く評価され、その反面、近い価格に属する、この2機種の影が薄くなった感がありました。

    そう考えると、オーディオが売れないからということではなく、新しい時代への過渡期の現象ならまだいいと思えそうです。従来のスタイルの単品コンポだけではユーザーは納得しなくなっているのかもしれません。

    デノンやオーディオ業界全体の今後の努力を期待したいところです。

    パイオニアは5日、神奈川県川崎市幸区新小倉にある本社を、不動産会社のヒューリックに売却すると発表しました。今後は本社を東京都内に移転する予定とのことですが、詳細は「確定次第あらためてお知らせする」としていすので現時点では移転先は決まっていないようです。

    売却金額は明らかにされておらず、パイオニアでは「当社業績への影響は軽微であり、当期の業績予想に変更はない」としています。

    ホームAV部門をオンキヨーと統合してからの経営状態や製品展開など、さまざまに憶測、心配される状況になっているパイオニアだけに、あまり良くないことではないことを祈りたいです。

    「業績への影響」をパイオニア自らが言及しなければならないことが、やはり今のパイオニアが世間から見られている現状を表しているのでしょうか。

    パイオニアがAV事業をオンキヨーに譲渡したことも知らない人も多いのかもしれませんが…。

    いずれにしても、パイオニアのオーディオ機器に影響がないことも祈ります。今は別会社とは言え。

    このページのトップヘ