DAP

    ONKYO_DP-S1
    オンキヨーは、ハイレゾ対応DAPの新製品・「rubato(ルバート)」DP-S1を3月中旬に発売すると発表しました。オープン価格で実売45000円程度の予想とのことです。

    DSDネイティブ再生と、2.5mmバランスイヤホン端子を備えながら、94W×63H×15Dmm、重さ130gのコンパクトボディであることが特徴です。また、同社上位機のDP-X1Aよりも安価なことも魅力。

    本体シャーシは豪勢にアルミニウム削り出し製シャーシ。高剛性かつ高品位です。フルカラーディスプレイは2.4インチ(320×240ドット)で、タッチ操作に対応。内蔵バッテリーは1,630mAh/3.8Vで、再生時間はFLAC24/96で約15時間内蔵ストレージは16GB。2基のmicroSDカードスロットにより、全体で416GBまで拡張できます。

    再生対応コーデックはDSD(DSF・DSD-IFF)/FLAC/ALAC/WAV/AIFF/MP3/AAC、加えてMQAはアップデートで対応されるとしています。DSDは5.6MHzまでのネイティブ再生のほか、最高192kHz/32bitのFLAC/WAVなどが再生可能。この価格帯としては十二分と言えるスペックです。

    無線LANやBluetoothも搭載。各種ストリーミング再生にも対応。Bluetoothの音声コーデックはSBCのみ。iOS/Android向けに用意された専用コントロールアプリに対応し、スマートフォンから本機の基本操作が行えます。

    DAC部にはESS Technology社製のDACチップ「ES9018C2M」を、アンプ部には同じくESSの「9601K」を、それぞれ片chあたり1基、計2基ずつ搭載。フルバランス回路構成とすることにより、セパレーション、S/Nのよいクリアで広がりのある音を実現したとしています。さらにオーディオクロックは44.1kHz/48kHzの2系統を装備。ジッター低減にも配慮しています。

    2.5mm 4極端子によるイヤホン、ヘッドホンのバランス駆動にも対応。通常のバランス駆動方式に加え、独自のActive Control GND(ACG)駆動方式も採用。BTLバランスモード/Active Control GNDモード/ラインアウトモードから選択できます。ラインアウトは3.5mmステレオミニヘッドホン出力兼用。

    ボリュームは本体側面のノブによって、61ステップで調整可能。

    ゲイン設定はLow/Normal/Highの3つを用意。対応インピーダンスはアンバランス:16Ω~300Ω、バランス:32Ω~600Ω。これにより、幅広いイヤホン、ヘッドホンに対応できます。

    16bit-24bitの音源を32bitまで量子化軸で拡張し、アナログ信号に近い滑らかさで再生可能という「Hi-Bit」モードも搭載。そのほか、アップサンプリングによってMP3などの圧縮音源もサンプリングレートを192/176.4/96/88.2kHzに変換して再生できます。

    7ステップの調整で、ジッターノイズの低減を図れるロックレンジアジャスト機能や、SHARP/SLOW/SHORTの3モードから選べるデジタルフィルターも装備。6個のプリセットイコライザーも用意され。10バンドのマニュアルイコライザーも使用可能です。

    なお、パイオニアブランドの「private(プライベート)」XDP-30Rというモデルも同じく3月中旬に発売。実売予想価格は4万円前後。ESS製DACや2.5mmバランス出力など共通部分も多い一方で、音質面のチューニングやユーザーインターフェイスなどに違いがあるとしています。

    全体に価格からすると充実の内容に思えます。そりゃあ、いろいろほじくろうと思えばいくらでもできますが、頑張っているということで良いでしょう。

    よくある文句としては?やはり、Bluetoothのコーデック。SBCのみ。これはLDACまで搭載するソニーとは対照的。ソニーまでいかなくとも、今時安いDAPでもBluetooth対応する以上はaptXには対応しているのが多いので、不満というか、困惑している人は多いようです。ここをけちるとそんなに安くできるのでしょうか?デザインがAK70みたいで主張に乏しいというのもあります。ここは音に関係なければ優しく見てあげましょう。

    オンキヨーの方の記事で何ですが内容的にほとんど同じで、音質も価格差ほど違わないならパイオニアのほうがお得なように思えます。実際にどのように音で差別化しているのかは重大ですね。

    オンキヨーブランドながらパイオニアの技術、それも単品コンポで培ってきたHi-bit/Hiサンプリング化技術が乗っているのもお得な印象。

    rubato(ルバート)はもちろん、音楽用語から取っています。自由なテンポで、という意味であるとオンキヨーも謳っています。実際の音楽でrubatoと言うと、ショパンのピアノ曲が思い起こされます。だからと言って本機にショパンの、ルバートの効いた(ルービンシュタインの影響からなのか、20世紀後半以降のショパン演奏においては、あまりルバートを強調しないのが普通です)演奏が合うというわけでもないでしょうけど。

    ルバートの効いたショパンというと、コルトーですか…。それではハイレゾの意味がありませんね…。

    NiNTAUS+X10
    アマゾンに売っている格安ハイレゾDAPをご紹介。NiNTAUS X10は実売7000円程度。

    この価格にして、PCM系で24bit/192kzまで、そしてDSDも2.8MHzまで(まずPCM変換でしょう)対応します。

    本体には2.0インチTFT 300×240のカラー画面も搭載。内蔵ストレージはなく、128GBまでのmicroSDカードに対応します。バッテリー容量は1500mAh。

    3.5mmステレオミニヘッドホン端子を搭載。対応インピーダンスは300Ωまで。まずまずです。音量調整は電子式で100ステップ。

    DSDにも対応したハイレゾDAPの入門機といった感じですが、この価格なら文句なしのレベルでしょう。もちろん、細かいところを突けばいろいろあるのかもしれませんが。

    とはいえ、確かに知名度の無い中国メーカーだけに、ハイレゾDAP初心者への一台目としておすすめできるかと言えば、責任は持てません。

    DAPをいろいろ使って、よく分かっている、それもできれば中国メーカー品についても経験がある人向けでしょう。中国系メーカーの格安MP3プレーヤーを使ったことがある人なら大丈夫なのではないでしょうか。


    Chord_Mojo_Case
    アユートは、ChordのポータブルUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「Mojo」の専用ケース「Chord Mojo Case」および、専用USBドッキングアダプターと各種ケーブルやアクセサリ-をセットにした「CHORD Mojo Cable Pack」を、2016年11月12日より発売。

    価格は「Chord Mojo Case」が7,980円で、「CHORD Mojo Cable Pack」は7,480円。

    ケースはMojo本体にぴったりフィットするサイズであることはもちろん、硬質ウレタン樹脂の表面に本革を密着したいう高品位なもの。これにより高い強度と高級感の両立を実現。またケース内側は、マイクロファイバーベース仕様によって本体を柔らかく保護するよう配慮。大事な機器を傷つける心配もありません。

    注目は同時発売の「CHORD Mojo Cable Pack」。なんと以下の便利なコード類が豊富にセット化。

    ・MOJO用USBドッキングアダプター(iPhone・スマホとの接続を容易にする USA Aプラグ内蔵アダプター)
    ・光デジタルケーブル(両端 光角型)
    ・光デジタルケーブル(光角型 to 3.5mm 光丸型)
    ・プラグ変換ケーブル(6.3mm ジャック to 3.5mm/3 極プラグ)
    ・USB ケーブル(USB A to USB Micro B/1m)
    ・USB OTG ケーブル(USB Micro B to USB Micro B)
    ・スマートフォン(Android)用USB OTG変換ケーブル(USB Micro B to USB A ジャック)
    ・USB充電&再生用・二股ケーブル(USB Micro B×2 to USB A)
    ・USBケーブル用フェライトコア
    ・Chordブランドロゴ入り 180mm径ラバーバンド×2
    ・Chordブランドロゴ入り 160mm径ラバーバンド×2

    これはすごいですが、価格がこのようなオーディオ志向の高級品のオプションにしては安いと驚くほどなのです。

    非常にポータブルオーディオに特化したケーブル類ですので、据え置き機中心に使っている人にはほとんど意味のないケーブルばかりではあります。

    改めて眺めてみると、Mojoは実にいろいろな接続方法のあるポータブル機器であることにも気付かされます。Android機器との接続が可能というのもいかにも最近の機器的です。まあ、いろいろな機器と接続している人には便利なセットですよ。

    しかし、Mojoの愛好家は、早く専用SDカードリーダーが登場することを期待しているようです。あるいは、バランスイヤホン端子がついたMojo2でしょうか。本体に初めからSDカードスロットが付いてしまえばMojoは単体DAPになってしまいますが、そうなれば万事解決なはずですが、何かMojoの愛好家は本機にはあくまでUSB-DAC/ヘッドホンアンプであって欲しい印象もあるので、やっぱりSDカードリーダー方式がいいかもしれません?

    SONY_ICD-PX470F
    ソニーは、エントリーモデルながらリニアPCM録音にも対応するなど高機能のICレコーダー「ICD-PX470F」を10月22日に発売します。8,000円前後での実売が予想されます。

    従来機・「PX440」の後継機。リニアPCM録音への対応や「Sマイク・システム」の搭載など大幅に機能が強化されています。本体サイズは38.3(幅)×114.1(高さ)×19.3(奥行)mm。重量は約74g(電池含む)。

    電源は単4電池2本で、付属のアルカリ電池利用時の連続録音時間は、リニアPCM録音時が約34時間、MP3 192kbpsで約40時間。

    ステレオミニのマイク入力とヘッドホン出力を装備。モノラルスピーカーも内蔵。

    内蔵メモリー容量は4GBで、microSDHCカードスロットを備え、最大32GBまでのmicroSDHCカードへの記録にも対応。

    Sマイク・システムによって、遠くの音や小さな音までクリアに集音できるようになりました。最適なマイク感動に自動で設定する「おまかせボイス」機能も従来に引き続き搭載。おまかせボイスは従来よりも録音時の暗騒音ノイズの抑制効果を向上させ、高性能化しています。再生時のノイズをカットする「クリアボイス」機能も備えています。

    頻繁に使う設定項目を登録してすぐに呼び出せるオプションボタンも新搭載。使い勝手も向上しています。

    ワイドFM対応FMラジオも新たに搭載し、ラジオ録音も可能なほか、従来より引き続き、音楽データを再生するミュージックプレーヤー機能も搭載しています。

    録音形式は、非圧縮のリニアPCMの44.1kHz/16bit録音と、圧縮フォーマットのMP3録音に対応。MP3は48kbps(モノラル)、128/192kbps(ステレオ)。音楽再生では、MP3、WMA、AACをサポート。

    単三電池駆動可能で、FMラジオも録音できて、音楽プレーヤーとしても使える点で、ポータブルオーディオ的にも魅力的に見えます。さすがに再生機メインとして考えられていないだけにFLAC再生には対応しません。

    NHK-FMあたりを気軽に録音して気軽に聴くようなスタイルに向いているのではないでしょうか。

    かつて、あれほど熱を入れたNHK-FMのエアチェック。もう何年もしていませんし、録音したテープもMDも大半を処分してしまいました。NHK-FMも聴かなくなりました。似たような人は多いと思いますが、本機のような機器があれば、それがきっかけでまたFMを聴くこともあるかもしれません。


    Shanling_M2
    中国Shanlingのハイレゾ対応DAP、M2が国内販売開始されます。価格:29,800円(税込)。

    M2は、DACにCirus Logic「CS4398」を搭載。対応ファイルは、DSF/DFF/APE/FLAC/ALAC/WMA/AAC/OGG/MP3/WAV/AIFFと十分なもの。PCM系は最大192kHz/32bit音源に対応するハイスペック。ギャップレス再生、フォルダスルー再生、プレイリスト対応など再生に便利な機能も装備しています。

    外形寸法は52.5W×110H×13.8Dmm、質量は約115gと軽量、コンパクト。ディスプレイは2.35インチ TFT LCD(360×400)を採用。メモリは最大128GBのMicroSDに対応。

    3.5mmステレオミニのヘッドホン出力端子と、3.5mmラインアウト/同軸デジタル端子を装備。ヘッドホンアンプにはTexas Instruments TPA6120A2を使用しています。出力は125mW@32Ω/13mW@300Ω。

    MicroUSB(Bタイプ)端子を備え、データ転送やPCなどからの充電が可能です。バッテリーは2200mAhで公称9時間再生可能。

    持ち運び用のポーチ、USB DAC用ドライバーCD、PCとの接続用のMicroUSB to USB Aケーブル、コアキシャル変換ケーブルが同梱されています。中国からの輸入品を買った方は32GBのMicroSDカードも入っていたそうですが、国内品にもつくかはわかりません。

    同時に上位機・M5も49,800円(税込)で発売。スペックや端子に変化はなく、DACチップがよくなっているなど、高音な上位機といった印象です。M5では、DACからの出力以降が全て左右独立構成になっているのも違い。ディスプレイが3インチ IPS HD(480×800)になるなど、見栄え面での向上もあります。


    M2はイヤホンのバランス接続にこだわらないならば、なかなかのハイコストパフォーマンス機のようです。ただし、ヘッドホン端子の出力インピーダンスが4.7Ωと高め。そのため、多ドライバー型のBA型イヤホンとは相性が悪い可能性があります。そこそこのドライバー数のイヤホンで楽しむjのがよさそうです。

    M3の下位機種でもありますが、M3のような多機能性はいくらか削られています(デジタル入力など)。

    ShanlingのDAPは先行して発売されていたM3ではファームウェアのバージョンでかなり音が変わるという意見もあり、今回発売機種でも同様なのかも注目です。

    このページのトップヘ